ママchan臨床心理士のブログ

ママchan臨床心理士のブログ

臨床心理士の「すすき先生」が保育士、幼稚園教諭に向けて
子どもの発達についてお話ししていきます。

皆様こんにちは!緊急事態制限が解除されて、生活が徐々に変化してきます。来週からは分散登校も始まる所が多いようです。ラブ

 

生活の変化、節目は誰にとっても少なからず影響が出ますよね。次に適応していくには、また一山乗り越えないといけない、でもいずれ人は徐々に適応して慣れていく…そう思えるとメンタル的にスムーズに過ごせるかもしれません。ウインク

 

私も久しぶりに職場に行くと、やはり体と心が戸惑っているのを感じます。えーん

 

○服が苦しい:家でラクチンな部屋着でいるので、仕事に出ると服が苦しい。太ったというのもあるけれど、締め付けられるのが嫌に。だぼだぼの服を買い足したい衝動にかられます。Tシャツ

 

○テンションが定まりにくい:家ではぎすぎすしていては身が持たないのでダラダラ退行したテンションでいる我が家。仕事に出るとどの程度のテンションで接していったらいいのか、一瞬ぶれます。メガネ

 

○帰宅後の疲労感が半端ない:やはり緊張したり気が張っているので、帰宅後のギャップで疲れが出ます。あせる

 

まあ、想定内とはいえ、やはり変化がありますね。分散登校がスタートするにあたって、体調も心の調子も徐々に徐々に…と心に念じていこうと思っています。ついつい張り切ったり、遅れを取り戻そうとしたり、新しい集団になるべく早く馴染もうと頑張りすぎたりキャラ迷走したり…きっとすると思うのです。真顔

 

どうぞ、どうぞ周囲にいる大人がそれを助長するようなエンジンをぶんぶんふかした状態で接さないよう気をつけたい、気を付けてほしいと思います。音譜

 

我が家含めて、休校中課題疲れが顕著です。やり方に慣れては来ているけれど、どんどんやり残しが積みあがっていったり、もう手を付けるのも怖くてできなかったり、膨大な情報を前にして呆然としてしまったり、画面だけの理解が限界に来ていたり…。回避するか、神経質に取り組みすぎて疲れてしまっているかどちらかのケースが目立つように思います。汗

 

私などは、ついつい子どもたちのウエブでの課題指示を見ては、ついつい把握しておきたいタイプ。すると遅れたくないあまり、日に何回かチェックしてはアワアワしてしまうのです。疲れるわ~って思いつつ、自分のせいですけどね。ガーン

 

登校が始まったら、まずは会えてよかった、元気で良かった…顔を会わせて不安が軽くなった…それからのスタートですね。個人的には行事が削られ授業が増える…しんどくならないか心配です。ヒヨコ

 

皆様こんにちは!春の陽気が気持ちい日々ですね。外出は自粛しつつもやはり外の空気と日光は浴びたいです。虹

 

さて、最近耳にした「新しい生活様式」。ハリネズミ

 

これはコロナが収束してもしなくても、今後大事にしていきたい生活スタイル。昔の生活に戻れるとか、懐かしむのはちょっと置いておいて、気持ちを切り替えて、もう新しい世界、新しい生活に向かっていこうって思います。ニコ

 

自分も、家族も、周囲のどなたかみんなの命のために、ね。音譜

 

先日、久しぶりに通院、銀行、スーパーに行きました。どこも、対策が徹底されていて、みんなすごいなあって正直思いました。状況や情報に応じて臨機応変に、ササッと環境を変えて工夫していく力って大事ですね。ニコニコ

 

病院では入り口に入る前に手も全身も消毒。検温と体調確認をしてから建物に入れました。入っても患者さんはものすごい少なかったです。換気とアルコール消毒、ビニールシートなどで対策は万全でしたね。ビックリマーク

 

銀行でも離れて並ぶのがもう一般的に。どの方も離れて立っていました。にやり

 

スーパーではアルコール消毒、空いている時間帯の周知。ウロウロしている人は少なくて決めたものをササッと買っていく。レジも並んでなかったけれど、待つ時の離れて立つのはもう周知されていました。レジの担当者はビニールシート越しで、フェイスシールドをつけ、手袋もつけていました。それでもリスクがあると思う中で働いて下さっていることに、あらためて感謝です。ウインク

 

ただ、中高大学生の子どもたちの生活は、慣れてきたとはいえ、まだまだ馴染めていません。学校という場のありがたみを感じるくらい、やはり必要な情報を集めて整理して管理していくことの大変さを実感します。現時点では大学生の子がオンライン授業を受けたり、授業によってはただの動画視聴だったり、ZOOMで友達の小グループでやり取りしていたり、といったいろいろなスタイルなので難しいです。えー?

 

ウチは部屋が少なく狭いため、ガラッとドアを開けたり、コピーで印刷したりすると、授業の邪魔になってしまったり。即座のリアクションペーパー提出だったり、後から課題が出たり、何をいつまでにどうしたらいいのか、結構苦労している様子です。ゲラゲラ

 

 

皆様こんにちは!5月に入り温かい日々が続いています。もう衣替えしてもいい頃かな~、と思いつつ。お出かけ自粛のため、玄関先で空を見上げるのがせいぜいですが。晴れ晴れ

 

さて、緊急事態宣言が延長される方向性となり、一段と皆様のストレスがジワジワきているころですね。メールでのカウンセリングの仕事でも、やはりコロナ関係の相談が増えています。メール

 

さて、私は現実逃避でもあり、テレビを観ているわけですが、今面白いと思っているのがドラマの「レンタルなんもしない人」。NEWSの増田君がいい味を出していて観始めています。何かに同行したり、人数合わせに来てもらったり、ただ「そこにいてもらう」「一緒にそこにいてもらう」ことが目的で、利用するようです。乙女のトキメキ

 

ドラマを見ていると、一緒に出社してもらう、山手線をぐるぐる回る、誕生日を一緒に過ごす、離婚届を役所に一緒に出しに行くなどなど、一人でもできるけれど、誰か「人」が一緒にいると心強かったり、勇気をもらえたり、ほっとしたり…そんな風にみえました。PC

 

フト思いました。ニコニコ

 

今のこの緊急事態の状況で、皆できる限りの在宅勤務やテレワークをし、可能な人や子どもたちは家で過ごしている。頑張って我慢もしている。困った時や辛い時はここに相談してねって、相談窓口もある。ニコ

 

でも、このレンタルさんみたいに、ただ側にいてほしいな~とか、散歩に付き合ってほしいな~とか、ただ話を聞いてうなずいていてほしいな~なんてことは今の状況では難しいんだってこと。汗

 

ある明確な問題があって、それへの対処や解決方法は今出せるかもしれないけれど、そうじゃない、もっとモヤモヤ、フワフワ、シトシトした気持ちや心情に付き合ってくれたり、側にいて時機が来たら話せるようなゆったりした空間、それは日常的なさりげないかかわりでできることが多いのだけれど、そんな支援やサポートが、今、できていない。ぐすん

 

私達、心理の仕事は、窓口やメールの相談のように何か明確な問題だけに対応しているわけではないって、改めて感じた。その人の生活や環境や全体的なこと、日々の時間の流れの中で支援していくことを大事にしてきていたのだなあって。カブト

 

テレビのレンタルさんをみて、今までやってきたお仕事を振り返りつつ、早く仕事したいなあ、戻りたいなあ、会いたいなあ、話したいなあ、って感じました。ラブラブラブラブ

皆様こんにちは!気づくと4月も終わりに近づき、自粛の日々も粛々と過ぎていくものですね。一日1回、空を見上げて「日はまた昇る」とつぶやくとなんだか落ち着きます。晴れ

 

さて、メンタルのためには、日々を淡々と粛々とすごすのがコンディションのためにもいいと思います。行動や生活を安定させることで、結果的にメンタルも安定させていく、というわけです。セキセイインコ黄

 

でもそれでは私達人間は適度な刺激がなくなり、今度は逆に気持ちが落ち着かなかったり、無気力になったりしてしまいがち。なので、色々な方がマスコミやSNSで挙げられているように、おうち時間をいかに自分らしく、楽しんで過ごせるか…というのも大事になってきます。音譜

 

それに加えて、やはりいざという時にパニックにならないようにシュミレーションも大事かも。防災訓練と一緒ですよね。いつ何時、家族や自分が感染するかもしれない…ということを想定して、取るべき行動をシュミレーションしておくということです。相談先、部屋の環境、生活の仕方などを考え決めておくと、パニックにならずに対処できるかも…多少はね。カギ

 

では、刺激といっても毎日そうそう何かイベントや行事があるわけでもなく…。

 

私が意識しているのは「五感」と「感情モード」と「役割モード」。目

 

「五感」については、それぞれの五感を意識して活動や行動を日々考えるというもの。例えば

・見る:テレビ、読書、動画、空を見上げる、ボードゲーム

・聞く:ラジオ、暗闇でのお喋り、ワードウルフゲーム、音楽鑑賞、鳥の鳴き声

・触る:手芸、料理、お菓子作り、ぬいぐるみや子どもとのスキンシップ

・かぐ:片鼻呼吸、料理、食事

・味わう:食事、おやつ

 

などです。同じ行動でも「私は今、~を感じている」と意識付けするのもポイントです。ニコ

 

次に「感情モード」です。喜怒哀楽を味わえるよう意識しています。これはテレビ番組を見るときにお笑いも、感動ドラマも、ドキドキ映画も、しみじみしたドキュメンタリーも、幅広く観ることを意識してます。ゲラゲラ

 

そして「役割モード」。これはもともとの妄想系女子を発揮し、家事する「ママモード」、勉強を教える「先生モード」、一緒にゲームをする「友達モード」、ケーキ作りを一緒にする「サロンモード」などなど。役みたいにしてなりきると、演じているみたいで楽しいかも。!!

皆様こんにちは!久しぶりに外出をすると、少し緊張してしまいますね。生活必需品と振り込みなど必要な行動をピックアップして、最短ルートを考えて外出しました。…必需品と言っても駄菓子も含んでるんですが。お団子お団子

 

さて、家で過ごす時間が多くなったので、時々やって楽しんでいる足のピーリングをやることにしました。薬品が入った靴型のビニールに足を入れて60分。1週間後くらいからペリペリと角質(皮?)がめくれてくるというとっても楽しいものです。筋肉

 

もうやりませんが、日焼けの皮をむいたりするのも好きな私。足も皮膚もつるっつるになるし、むく行為も楽しい。むいた後は、フワフワした新しい皮膚が出てくるので気に入ってました。バレエ

 

でも、今回は前に上手くいったようにいかず、粉ふき芋のようになってしまった。ウロコのような細かい皮膚がぽろぽろ落ちているところもあり。うまくピロピロ~ンと気持ちよくむけてくれなかった。残念…。ガーン

 

しゅん。えーん

 

おうち時間を楽しもうと思います。むかっ

 

それと並行して、どうしても感じているストレスや気持ちのモヤモヤ。これについては知人がお勧めしてくれたラジオの荻上チキさんの番組でやっていた「認知行動療法」がいいと思います。!!

 

ストレスがかかる場面で「思考」「きもち」「からだ」「行動」に分けて分析したりメモをとっていく方法です。自分を客観視できる良いツールだと感じました。例えばピーリング失敗の場面で言うと…

○思考:どんなときでも誰でも上手にピーリングできないといけない

○きもち:うまくいかなくって悔しい!お金が無駄になった~。

○からだ:ムカムカして身体が固くなった気がした

○行動:ピロ~ンとむけなくても、細かく時間かけてむけばいいと思い直して、地道に皮をむいた。

 

こんな感じです。キョロキョロ