【開催報告】〈その後カフェ〉 | こころのひと休み保健室

こころのひと休み保健室

"明日ももう1日ふんばりたいあなた”をサポートする保健室です。
元医療技術職で現在プロフェッショナルコーチが運営しています。

202152日に、記念すべきステキな集いが開かれました。

これまでに、『私の生き方連絡ノート』を書こう会(通称:書こう会)と、

医療・介護専門職向け『私の生き方連絡ノート』を書いてACPしちゃおう会(通称:ACPしちゃおう会)

に参加された皆さん、2つのプログラムまとめてのオンライン同窓会です。

 

2時間という短い時間でしたが、

お互い懐かしい顔や初対面の方が入り混じってグループに分かれ、

“その後どうしてた?”や“こんな変化があった”“今こんなことを考えている”など、様々語り合いました。

初対面同士でも、同じノートを書いた仲間ゆえか、

“同じ釜の飯を食った感”満載で、にぎやかに楽しんでいらっしゃるのが印象的でした。

 

ノートの著者である、自分らしい「生き」「死に」を考える会代表の渡辺敏恵先生、

副代表の三浦靖彦先生も参加されて、

「ノート誕生秘話」や「とってもわかりやすい人生会議(ACP)」について語っていただきました。

とても貴重なお話。「聞けて良かった!」という声が多数あがりました。

同時に先生方にとっても、ノートを記入した方たちと直接お話できる希少な機会だったそうで、

「皆さまとの直接の出会いはとても実り多いものでした」 「極上の休日でした」と嬉しい感想をいただきました。

 

そしてスタッフにとっても意外だったのが、

「〈その後カフェ〉がノートを見返すいい機会になって良かった」というお声でした。

日々いそがしく過ごす中で、一度書いたノートを見返すのは、ついつい後回しになってしまうのもわかります。

皆さんのご要望にお応えして、今後は“ノートを見直しましょうカフェ(仮称)”も企画していきたいと思っています。

 

これまで、書こう会は15回開催し69名の方が、ACPしちゃおう会は3回開催して15名の方が参加されました。

84名!

改めて、沢山の方とご一緒できたことに、本当に感謝です。

今回の〈その後カフェ〉は、スタッフにとってもご褒美のようなステキな時間でした。
 

ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

おかげさまで、温かい時間を過ごすことができました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。