最近の活動とお知らせ | こころのひと休み保健室
新型コロナウイルスに関する情報について

こころのひと休み保健室

"明日ももう1日ふんばりたいあなた”をサポートする保健室です。
元医療技術職で現在プロフェッショナルコーチが運営しています。

ブログを更新するのが久しぶりになってしまいました(^^;

最近の私たちの活動を、ここでシェアさせてくださいね。

 

最近、特に力を入れているのが、「私の生き方連絡ノート」を使ったワークショップの準備です。

「私の生き方連絡ノート」とは、医療・ケアのためのエンディングノートです。

 

平穏な日常生活を送っていると、“もしも”の時のことはあまり考えたくないと思うかもしれません。

「縁起でもない」と感じるかもしれませんね。

 

それでも“もしも”、医療のお世話になる必要が生じた時、

あなたはどんな医療・ケアをしてほしいと願っているでしょうか。

 

人によって、願う医療・ケアは様々です。

できるだけ積極的な、最先端の医療を施してほしいと願う人、

苦痛を取り除くことが一番の願いだという人、

願いは、年齢によって、状況によっても変わります。

 

大切なことは、自分が何を望んでいるのか、今、振り返ってみておくことだと、

私たちは考えているのです。

そして、ご家族や身近な人たちに、あなたの願いを共有しておくことをおすすめしたいのです。

 

なぜならそれは、あなたにとっては人生で大切にしていることをたな卸しすることにつながるから。

人生をこの時点で振り返って、これからをどう生きていきたいか、を見直すことにつながるから。

そしてご家族や身近な人にとっては、あなたと一緒に生きていくにあたり、

何を大切にすればいいかを知ることにつながるから。

 

厚労省では「人生会議」を積極的に勧めていますが、このノートを記入することはその一環でもあります。

 

こころのひと休み保健室では、「私の生き方連絡ノート」を制作された

自分らしい「生き」「死に」を考える会

の渡辺敏恵先生や三浦靖彦先生の勉強会に参加して、学びを深めております。

 

それほど遠くないタイミングで、グループで対話をしながらこのノートを記入するワークショップを、

zoomにて開催しようと計画しています。

何と言っても、このノートは対話しながら記入すると格段に書きやすくなるのです。

 

詳細が決まりましたら、ここでまたお知らせいたしますね。

 

こころのひと休み保健室ニュース】

これまでは、“1時間6000円”と定額制をとっていた対話料金ですが、

定額制を廃止し、寄付制とすることにいたしました。

詳しくは、こころのひと休み保健室HP 「保健室の利用方法」のページをご覧ください。

益々ご利用いただきやすくなるように、私たちも精進してまいります。

 

コロナウイルスの騒ぎで、生活に色々な影響が出ている方が多いと思われますが、

どうぞ皆さま、お健やかにお過ごしください。