やりたいことに悩みながら

就活している娘さんと

がまんをして

お金のために仕事をしているお母さんの



親娘の会話をかいま見る機会が

あったのですが



こんばんは

Bright Moon 松崎有里です



お母さんご自身は、仕事が嫌で

これまでやってきてしまったせいで

娘さんに伝える言葉には 

仕事に対する怒りがにじみ出ており



どんな仕事だろうと

稼ぐには苦しみがつきまとうもの

いい上司には恵まれない

仕事は才能を発揮する場なんかではない

忍耐の場なのだ

というものです



この、お母さんの言う

仕事とはそういうもの、というのは

お母さんの経験上で作られた

独自の思い込みにすぎません



仕事にたいして

そういう思いがなく

誇りに思って働いている人だって

世の中にはいますもの



ですから、お母さんの思い込み越しに

仕事というのは…うんぬんを

娘さんに伝えてしまうのは

かわいそうだわー



これじゃ、娘さんは仕事に対して

良いイメージが全くもてないよ、と

私は見ていたのですが

 

 

案の定、娘さんは就職することを

怖がっているご様子でした



社会に出たら

嫌な人にしか出会えなさそう、という

よけいな思い込みも

娘さんに出来上がっていましたしね



お母さんがこれまで

ご自身の仕事のことを話すたびに

無自覚にネガティブな暗示を

かけ続けた結果です





働くことが楽しい!

人間関係にも恵まれているし

天職だと思えるから

大変なこともがんばれる!



と、思いながら働いている人は

けっこういると思うんですけれど

 


娘さんがそう思えるよう

親が言葉や態度で示していくと

娘さんの人生は

そういう流れに入っていくのですが



お母さんが真逆のメッセージ性しか

発せないのは

お母さん自身が

がまんして仕事をしてきたせいで



仕事を楽しんでやっている人を

許せない思いが

あるせいだと思います



すると、娘さんはそのメッセージ性を

受け取ってしまいますので

お母さんから嫌われないため

愛されるために



楽しんで仕事ができないような道をたどる

可能性が高いです



親からの暗示というのは

こわいんですよ



親から植え付けられたものを

証明しようという行動を

子供は無意識的に取ってしまうからです



親の言葉を聞き続けるということは

親自身の傷ついた心の問題が

子供にも移行していく

ということにもなります



すると、子供が親と

似たような運命をたどることに

なってしまいます



ですから、娘さんはこのあと

社会人になって

お母さんのように苦労する人生に

入っていくんだろうな、と

先の未来が読めるわけですね





傷ついた思いをそのままにしておくと

それが、日々の言葉や態度に

現れてしまうので



それによって

苦労させたくないはずなのに

わが子が苦労してしまう人生へと

親が導いています

 

 

ですから、お母さんご自身の心を

変える必要があり

仕事が苦しい、という

怒っている気持ちを

浄化させることが先決です



でないと、お母さんが発するメッセージ性が

変わっていかないので

ますます、子供が苦しい人生へと

進んでしまい



はては、娘さんから孫にまで

世代間で問題が連鎖していくことにも

なってしまいます



ZOOMオンラインコース

私の第六感を使い、あなたを読み解く

アカシックレコードリーディング

あなたの潜在意識の感情をあぶり出す
潜在意識カウンセリング
45分 8,500円 60分 11,000円 
80分 13,500円
 
ご予約はこちらのページから→

 

ZOOMオンラインコース

人生が格段に飛躍する!

コーチングセッション 120分

1回 19,000円 3回 54,000円

 

人生さらにステージUPさせたい本気の人には

継続コース5回、7回もご用意しております。自身が変化していくのがよくわかります。

 

ご予約はこちらのページから→

 

女性専用    Bright Moon
 

東京都豊島区池袋 

ルミネ、東京芸術劇場方面出口より

徒歩1~2分

(場所はご予約の際にお伝えいたします)

 

営業時間 (定休日・日曜ほか不定休)
1日1枠 14時~のみ

 

予約状況   メニューと料金

 

ホームページ 

セラピールームBright Moon

 

簡単ご予約フォームはこちら

 

お電話でのご予約  

090-9298-0003

 

あなたが一回ぽちっとして下さると、

ブログのランキングが上がる形式になっています

きら よろしければ、応援してください きら 

    ↓↓↓


にほんブログ