突然ですが、昔々、私は都内の会社に勤めていました。

埼玉から電車に揺られて約1時間。
それはそれは大変な「通勤地獄」を体験していました。


体験したことがある方はお分かりかと思いますが、もう毎朝が「椅子取りゲーム」状態。

電車に乗りこんだ瞬間にこの人はどのくらいで降りるだろう…と、座っている人を品定めして前に陣取るわけですが、電車が駅に着く度に新しい参加者が参戦してくるので、もうそこは戦場ならぬ、カオス状態。

揺れに揺られて陣取っていたスペースをうっかり明け渡してしまい、次の駅で席を取られてしまった日には、もうブルーな気分で始まってしまうのです。


最近、その「椅子取りゲーム」の時間帯に電車に乗ることがありました。

その日はちょっと疲れていたのと1日の長い予定のことも考えて、私の頭の中は「座りたい」でいっぱいになっていました。


私の利用している駅にはJRと私鉄があり乗り換える人たちがたくさんいて、電車がホームに入ってきたときはギュウギュウだった車内からゾロゾロと人が降りてきて、窓越しに席が2~3くらい空いているのが見えました。



よし、イケる! 座る!



私は心の中で決めていました。


私が並んでいた順番は2番目で、前には年配の女性が立っていました。

降車する人たちの波が途切れ、乗車する人たちの番になったとき、彼女は周りには一切目もくれず、空いている席に向かってまっしぐら。


見事、席をゲットされました。


そして、次に私が空いている残1に向かってまっしぐらだったのですが、ちょうど別の方向から、その席にロックオンしている女性が視界に入ってきたのです!


それに気づいたときには既にスローモーションのように見えたのですが…


●私は絶対座ると決めている
●空いている席にロックオンしたまま、目線も何も変えなかった
●視界にそのロックオンしている女性が入ってきた


この状態のあと、自分のオーラフィールドに何か触れるような、何かを弾くような感覚を感じました。

多分、距離的にはその女性の方が席に近かったのですが、その瞬間に彼女は身体を少し後ろに退けていたのが分かりました。


結果、私が席をゲット。


その出来事のあと、何か弾いたよなぁ…と思ったとき、年末にHITキャラクトロジー心理学協会のスタッフたちで「うさぎの島」に行ったときのことを思い出しました。


その島で小さい虫が群れで飛んでいる場所が結構あって、みんな虫を手で払いながら歩いたりしていました。

そこで山本美穂子さんが「自分のバウンダリーを強めたら虫の群れが除けていった」と言っていたのを思い出し、この「椅子取りゲーム」の結果も「バウンダリー」だったのねと思いました。



電車で座りたい方はこの「バウンダリー」試してみてはいかがでしょうか。





★個人セッション 4月予約受付中!
- ヒーリングセッション
- カウンセリングセッション
詳細とご予約はこちら からどうぞ

★キャラクトロジー心理学講座 随時受付中!
キャラクトロジー心理学を知ると。。。何かが起こる!?
詳細はこちら からどうぞ