自分のダメっぷりを認める〜女子高生と語ったこと

テーマ:

昨夜、高校2年の娘と

やんや、やんやと、自分のことを語りました。

 

 

 

「いや〜〜〜、最近気づいたんだけど

ママって、自分勝手だよね〜〜、

人の気持ちを考えられない、読めない、気づけない、ってことに

最近気づいたんだわ!

 

どんだけ自分はいい人だと思っていたんだろう。」

 

 

 

と言うと。

 

 

 

え?知ってたけど。

 

 

と返ってきた。笑

 

 

 

「だよね〜〜〜〜!

ママさ、よくあなたからダメ出しされると

躍起になって反発していたじゃない?

 

あれね、そんな自分を認めたくなかったんだよね。

だから、必死に自分を護ろうと

あなたに向かって行く訳。

よく頑張ってたわ〜〜〜。」

 

 

 

娘はいう。

 

 

 

「私も最低だよ。

自分勝手だし〜〜

自分のことしか考えていないし〜〜〜笑」

 

 

 

 

お互いに自分のダメっぷりを口に出していたら

なんだか心が温かくなった気がした。

 

 

 

あぁ、こんな自分でいいんだ〜〜〜とね。

 

 

 

 

娘には彼氏がいるのだけれど

彼女はいつでも、自分が一番だと思っている。

 

 

 

 

以前に訊ねたことがある。

 

 

「彼に逢えない時、逢いたいって思わない?

声を聴きたいなぁとか。」

 

 

 

 

『ないけど。』

 

 

 

えぇ!!!!!!!!!!!!!びっくり

 

 

そうなの?逢いたいって思わないの?

 

 

 

 

『いや、逢いたいなって思うときはあるよ。

けどさ、思ったって逢えないじゃん。

逢えないのに声聴いたら、もっと逢いたくならない?

 

それよりもね、

 

逢えない時間を楽しむの。

逢えない時間は、自分の時間だよ。

自分の時間に、彼のこと思い続けたら

彼が一番になっちゃうでしょ?

 

私がいつも一番なんだよ。』

 

 

 

 

もしもし?あなた高校生ですか〜?と訊ねたくなるくらいに

娘をリスペクトした瞬間!!

 

 

 

 

 

はぁ…その通りだわ〜〜〜と

なぜか、アラフィフの私は教えられた気がしました。

 

 

 

 

彼が焼き肉食べたい、って言っても

私が「焼き肉の気分じゃない」となったら

それを言うよ。

 

 

嫌なことは、イヤだって言うし。

 

 

もちろん、彼の望みに付き合うときだってある。

 

 

 

 

自分が自分でいるって、とっても大切なことだね。

 

 

 

 

我が家の晩ご飯は

大半が自分の食べたいモノを食べるスタイルを取っています。

 

 

 

 

昨夜は、お姉ちゃんは、韓国の辛ラーメンの気分で、

息子は、小肉の塩焼きと、水餃子のお鍋。

 

私は、ロース豚のスパイス焼きと、キムチ鍋。

 

 

 

こんな感じで、夕飯は何種類もつくるときがあります。

 

 

 

普通に考えると、面倒ですよね〜〜。

面倒な時もあるので、

私の独断で

みんなが同じモノを食べる時もあります。

 

 

 

 

けれど、ほとんど、「いま、何を食べたい?」を大事にします。

 

 

 

 

これを習慣にしています。

そして、自分の望みを叶える、叶わない、の体験を

日常で味わう、を意図しています。

 

 

 

出されたものを当たり前に食べる、ではなくて

食べたいものがある、

それじゃぁ、どうしようか?を考えます。

 

 

 

 

私が仕事で出かける、となれば、

 

お昼ご飯どうしようか?

晩ご飯どうしようか?

 

を、必ず子ども達に確認します。

 

 

 

母親だから、ご飯は用意するもの、という固定概念があれば

それを壊します。

 

 

罪悪感も味わいながら

それって罪なの?それほんとうに?と

自分に問いかけます。

 

 

 

 

ママつくれないな、と素直に言えば

「自分でやるよ」と言ってくれます。

(特に、中1の息子はね)

 

自分でたこ焼きつくるよ、だったり

焼きそばつくるよ、だったり

 

 

買物に行って、食べたいモノを買ってくる、もありです。

 

 

 

自分の望みは、自分で叶える、を

故意的に日常で行なう訳です。

 

 

 

で、私はめっちゃ褒めまくります。

 

 

 

結果を褒める、ではなく、過程を褒めます。

 

 

 

 

自分のしたいことは自分で叶える。

成功体験を積み重ねていく。

 

 

 

 

食事だけじゃなく、日常のすべてにおいて

いつもフォーカスします。

 

 

 

 

娘が言います。

 

 

同級生でバイトを3つ掛け持ちしている子がいるんだよね。

その子ね、ジャニーズのライブに行く為に

バイト代全部をつぎ込むんだって。

 

 

北海道だけじゃなくて

仙台、東京、とあちこちに行くらしい。

それも、ひとりで行く時もあるんだって。

 

 

それ聴いてね、

 

なんかカッコイイな!って思ったの。

 

 

自分の興味あることに

ひとりで行動していることろがすごいな、って

カッコイイなって思った。

 

 

 

 

なんでもいい。

小さなことから自分でやってみる。

 

 

 

できないことだってあるし、

自分の未熟さや、ダメっぷりに直面することだってある。

 

 

 

けど、それでいい。

 

 

 

 

今したいことをやればいい。

 

今感じたことを伝えればいい。

 

今の私の気持ちを大切にしてあげる。

 

 

 

どんな気持ちもね照れ

 

 

 

 

 

 

 

AD