こんにちは 男鹿鷹です。

 

 

今日のテーマは、発達障害のADHDです。

深掘りしてみたいと思います。

 

ADHDとは

ADHDの主な症状は、不注意、衝動的行動、多動症状の三つです。

・不注意

集中力が持続できずに、継続的に一つの物事に取り組むことができない状態です。
具体的には、忘れ物やポカミスなどがあると思います。

学校に持っていかなければいけない物を忘れたり、テストでポカミスをしてしまうことがあります。

・衝動的行動

深く考えずに、すぐに行動に移す傾向のことです。
気になるものが目に入ると、突然道路に飛び出したり、相手のことを考えずにパッと思いついた言葉を発して、相手を傷付けることもあります。

・多動性

じっとしていることができずに、絶えず動いている状態のことを多動性と呼びます。
たとえば、学校の授業を椅子に座って聞き続けることが困難であったりします。

 

 

ADHDの分類

当院では、ADHDの症状を以下に分類しています。

 

・注意欠如

主に不注意の行動をとる。

 

・多動性

主に衝動的な行動や多動性の行動をとる。

 

 

ADHDの原因

 

・注意欠如の原因

同性愛をされた先祖や親からの影響を受けていると思います。

原始反射の対称性緊張性頸反射が残存しています。

不安障害も抱えられています。

 

・多動性の原因

いじめをされた先祖や親からの影響を受けていると思います。

ご自身もいじめをされるとADHD多動性を抱えられます。。

原始反射の足底反射が残存しています。

対人恐怖症も抱えられています。

癇癪も抱えられています。

 

 

ADHDの症状への対応

・先祖、両親、ご自身からの影響を浄化します。
・残存している原始反射を統合し、付帯症状も浄化します。
 

 

今回は、ADHDについて深掘りしましたが

他の発達障害にも、個々の原因が存在します。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
もう少し当院を詳しく知りたいと思われた方は
下記ホームページにアクセスしてみてください。

 

自宅で施術が受けられる遠隔整体 
遠隔整体mindbody 心と体に効く整体院

http://enkaku-seitai.com 

ウインクニコニコニヤリ爆  笑おねがいおねがい爆  笑ニヤリ