愛され体質になるオーラBeauty®︎セラピスト♡九重友美のBlog♡

愛され体質になるための「オーラBeauty®︎方法」や心の持ちかた、「オーラBeauty®︎になるためのプロダクト」などをご紹介しています。自分人生は、想像して創造できる♡のです。東京から全国へ!


テーマ:


オーラBeauty®︎セラピストの九重友美です。



{C1C4CACE-0990-47CF-8760-86FB2B629C7B}




昨日と今日と続けて、
似たようなご相談がありましたので、
Blogにも書いてみたいと思います。





男女間において、
女性が 相手の男性に対して、
言いたい事を我慢してしまう時。




それが、
【怒り】などのネガティブな感情だったら

特に、 
ギリギリまで我慢して
口に出さずにおこうと思いますよね。





オーラBeauty®︎講座や プチセミナーなどを

ご受講下さった方々は

『エレガントに対応したい』というお考えもあると思いますし…おねがい






基本的なことになりますが♡

互いにパートナーに対する不満が出てくる時。

(伝える or 伝えないよりも以前の話ですよ。)





先ず考えられるのは、

『当たり前』の意識が強くなっちゃってる時かな〜と思います。



・目の前に居てくれるのが当たり前
・愛してくれるのが当たり前
・気持ちを察してくれるのが当たり前
・愛する私を理解し、応援するのは当たり前


などなど…。
(全ての人に当てはまらないと思いますが。)




同時に。



・私はこれだけあなたを愛してるのに
・だから私はあなた中心に行動してるのに
・私ほどあなたを想ってる人はいないはず
・あなたのためを思って言ってること



などなど…
(こちらも全ての人に当てはまらないと思います)



ちょっぴり押し付けがましい感情とか、
上から目線的な(笑)感じでしょうか。





女性は、感情の生き物と言われるように、

いろんな感情が複雑に絡み合ってる状態が。…って思ってた方が気が楽かも。






だからって、

そう思うこと全てが悪いわけではないですし、

生きていれば、不満は出てきて当たり前だと思います。





ブツブツ言いたくなる時もあるでしょう。

でも、

言っても解決しないから

あえて大人の対応を試みたり…。





女性は女性なりに がんばってる。




特に、賢くてできるタイプの女性ほど、葛藤は多いかもしれません。


理由は簡単です。


大好きな彼でありながら、
日頃の癖で…ついつい戦闘モードのスイッチが入ってしまうから。



これって、できる女性に多いパターンではないでしょうか。





心の奥底では、



・認めてほしいな
・理解してほしいな
・応援してほしいな



そんな可愛らしい気持ちを持っているのに、

肝心な気持ちを素直に伝えることに対し、
抵抗を感じてしまう…。




妙なプライドさんが邪魔して、なかなか素直になれなかったり…。




しかし。


普段はしっかり者の貴女であっても、

大好きな彼の前では

ちょっとくらい『ヌ・ケ・サ・ク』で良いのだよラブ





私も過去は、
パートナーシップにおいては、
なかなか素直になれなくて、
かなり葛藤を抱えていた時期もありましたよ。




まぁ、私の生まれ育った九州には、
【九州男児】という…古代からの(笑)
暗黙の了解的に存在する殿方が多くいます。




女性は一歩下がって…的な考えは、
まだまだ、当たり前にあるのではないかしら。





そんな環境下であるから、

何だか反抗心が芽生えたり、

戦っちゃったり…、感情が忙しかった。(笑)





口論になる時の心境は、

お互いに、

『自分の考えの方が正しい』とか、

『相手に理解させる事が目的』になってしまうので、

相手から否定された時には、

とんでもなく腹が立ったり、

悲しくなったりします。





まぁ。
怒りの感情の根元には、『悲しみの感情』が潜んでいる事が多いのですよ。




エネルギー的に見ると、

ぶつかり合うことは決して悪いとは言いません。




互いの想いをぶつかり合って消化させることも、時には必要だと考えます。



【雨降って地固まる】的な結果になれば最高!





ぶつかり合わなくても、

相手に伝えるタイミングと

伝え方次第で結果オーライになると思います。





例えば。

まだお付き合い始めて間もない頃とか、

相手に嫌われるのが怖いと思う時などは

伝えるにしても、なかなか神経を使いますよね。





だから、
我慢して言わない事を選ぶのかもしれませんが…





表向きは波風立ってないけれど、

心の中では葛藤が生まれ、

苦しい状態が続くようでしたら、
メンタル上、よくありませんよね。






そんな状態に耐えられない私は、

若い頃は よくキレてました。(滝汗…チーん…)



すみません。
全然、アドバイスになってませんでしたね(笑)



…気を取り直して照れ






ワタクシ自身。

男性脳と女性脳のことを知ってからは、

男性に対する理解がかなり深まったので、

以前よりは、苦しまなくて済んでいますよ。





オーラBeauty®︎6ヶ月講座では、

パートナーシップの章もあるので、

男性脳  or   女性脳

男性性  or   女性性

それらを詳しく学べます。





だから、

私は 先ず、自分自身をよーく観察して、

【自分取扱説明書】を持つことは必須だと思い、講座でも取り組みますが、

【大好きな彼のトリセツ】作成もおススメします。



男性のタイプも様々なので、やはり研究は大切だと思います。




本日の結論です。



男と女は、構造が違うことを理解すると随分楽になります照れ


相手をコントロールしたい欲は手放しましょ。


また、完ぺきになる必要も、反対に戦闘モードになる必要もありません。


大好きな彼の前では、ちょっぴり出来ない自分も見せて大丈夫。

(ただし、程良い塩梅を意識して♡)




それでは、引き続き、ステキな時間をお過ごしください。



ごきげんよう



オーラBeauty®︎セラピスト・九重友美

kokonoe-tomomiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります