トリポジ☆乳がん☆乙女崎夢子の場合。

【夢子のブログへようこそハロ~☆】


『これからは自分に正直に生きていいのYO』

ってチャンスを与えられただけのこと!



↑↑↑

夢ちゃんが「私が困ったことはきっと誰かも!」

という勘違いから始めたお店なのなの♪

乳がんの女性のためのシリコンパッドのお店なのなの♪



☆ お断り ☆
アフィリエイトへの誘導ブログや
ブログの宣伝のためのみのコメントは
削除させていただきます。
ご了承くださいまし。




術前のネ申医者さまの見解は、悪い方から疑っていくと

◎乳がんの再発→もしそうなら、コレひとつだけが2年前に出現して、2年間コレだけしか出てこなくて、こんなゆっくり育つ。。。?(非現実的)

◎肺がん→まず写り方の腫瘍の形が違う。仮に肺がんやったとしても小さいため切除したら終い。治療は無し。経過観察。

◎痰などの炎症→ありえなくもないけど、治って消えていくこともあるため、わずかながらに育つことが疑問。

◎良性腫瘍→なくもない。


という感じ。

で、結果。

乳がんから転移していたもの

でした♥
でも、先生いわく、
「症例が無いわけではない。無いわけではないんだけども、ごく稀。本当に稀なこと。」

と。私は神がかっているのか!?!!
おばあちゃんが何か大切なことを教えに来てくれただけなのではないだろうか。
本当にそんな風に思うんだ。

先生いわく、

「そもそも、6年前に乳がん治療をした時点で、コレ(肺)しか残ってなくて、もう体内にガンが全く無いのか、
 微小癌は散らばっていたのだけど、今のホルモン治療が効いていておさえられてる、もしくは餓死させられているのか。

 この2年間で結局出てきたのはコレひとつやったということは、他のは今の治療で効果があるということでこのまんまの治療でいく。」

ということだった。

今回の肺の腫瘍は約1センチ。
2年間かけて育ったというよりは、
6年間かけてこのペースなら、先生的にはものすごくゆるやかなガンだと。

ホルモンレセプターが100%と出てた。
胸のほうはホルモンが99.7%かなんかそんなだった。
私のガンはほんとホルモンに依存するタイプだわ(^_^;)なので、ホルモンを阻害する治療を先生が考えてくれたわけで。


「でも、その治療をしていたのに、コレは出てきたんですよね。。。なんか抗がん剤とかであるなら叩いて潰しておきたいんですけど。」

って言うと、

「基本的に再発いうたら、複数箇所に同時に出現するか、1箇所に複数出現するんや。そうなったら基本的に手術はせんのやけど、1つだけならこれからも取ることは出来る。
 でも出て来もせんのに今抗がん剤するというのは身体への負担のほうが高いだけでやる必要がないこと。」

出てきたガンがなぜ出てきたのかはハッキリ分からなかったけど、
ガンは出てくるんだなぁと、やはり甘く見てたなぁと、なんかそんなことは感じた。

ホルモン治療していたって、
出てきたんやん?

というこの感情はこれからもあると思う。

でも先生は「6年前と比較しても治療法の選択肢はすごい増えてるんや。まだまだ手はあるから」と、なんか妙な自信さえ感じたので、お任せしよう。

ひとまず、私としては、
「もうガンは無いのにホルモン治療を無駄にする状態」
だと思って生きておきます♥


あと。
痩せる痩せる詐欺やった私。
もうここでも詐欺罪すごいわ。

でも、考えられることのひとつに、
せっかくホルモン治療しとんのに、
デブのせいでガンが脂肪からホルモンに変換して餌にしてしまってる可能性を考えると、
ほんまに痩せなあかん!!!

そう思ってまた命がけダイエット(ファイナル)を開幕。
もうダイエットなんかせんでもいいくらいに痩せて、いるかもしれぬガンに餌を与えてやらず餓死させまくってやるんやからね!!

そんなわけで
再発といえば再発なのですが、
体の中に今はゼロなので、
とりあえず笑って笑って生きたいな。

ご心配おかけしました🍀
2つ前の記事に温かいコメントみんなありがとう!
お返事できてなくて失礼しました(泣)
チビズもがんばってやり抜いてくれたよ!

本当に本当にありがとう✨✨✨✨



Facebookでリアルタイムに綴りまくっていたら、
どこをまとめたらいいのかわからなくなって、
本家闘病記のココがまとめられないだなんて!という現象がおこってました。

ものっすごく、はしょって、まずはダイジェストに今日の私までたどり着きたい!いけるのか?1枚でいけるのだろうか!?

゚・。.。・゚+゚*。:゚゚・。.。・゚+.゚*。:゚゚・。.。・゚+.*。:゚゚・。.。・゚+.゚*。:゚゚・。.。・゚+.゚*。:゚+ ゚・。.。・゚+゚*。:゚゚・。.。・゚+.゚*。:゚゚・。.。・゚+.*。:゚゚・。.。・゚+.゚*。:゚゚・。.。・゚+.゚*。:゚+ 

1/23(木)入院当日

泣くのをこらえながら学校に投稿していく我が子達を見送り、
大泣きしながら隣町の病院へ運転していく私。
10時に入院って早いわー。
到着するなり呼吸器外科医A先生がやってきて、脚の付け根の動脈採血ってのをするために、注射器ぶっ刺してった。
肺が取り込んでる酸素のことを調べるためならしく、動脈採血をするのは呼吸器外科だけなんだってさ。もう二度とやりたくないと思う痛さだった!

次々色んな課の先生(呼吸器B・C、麻酔科医A・Bや看護師さんなどなど)が挨拶に来てくれて、そのたび、なんかされる。(笑)

楽しみは食事!めちゃんこ美味で、なんと素敵な病院なんだろうと喜んだ私。
自分が元気すぎて、未だ何のためにここに来てるのかわかってない。

夕方、姉が子どもたちを連れてきてくれた。
インフル大流行で子供の面会は禁止。
1回のふれあいスペースなら会ってもいいよと許可をもらえたので、1回に会いにいった。
お昼すぎたころに、沢山ジュースとお菓子を売店で買っておいたので、それを持って会いに行った。愛しかった!!!
子供とのあれこれは、また別記したいので割愛。


1/24(金)手術当日
午後2時から手術と決定。
歩いてオペ室へ。
入って台に乗るなり、「子供に会いたい」と泣いてしまう私。オペ室のナース達も涙してくれていた。

麻酔かけますと、声がかかった。
きいてるの?きいてないの?
よくわからないけど、めをつむった。
もうきいたのかな?これがきいてるということなのかな。。。次目を開けるときは終わってるんだ。。。おねがいしま。。。


。。。。、


「血圧さがってこんなー。。。」

。。。?終わった?


「うーん。。、よし、挿管して。」


。。。。ん?!?!

ガボッ!!!

オエーー!!いだだだだだ!!!ウググググ!!!オエー!!!グググ!!!じぬーー!!!おーーーい!!!私起きとるーーー!!!うそーーーん!(泣)足うごかへん!声出てへん!!身体うごかへん!!!だーれーかぁぁぁーーー(泣)


アンビリーバボーに出れるやつやん。
最悪。最悪。最悪。

でも処々意識がない。
次意識があったのは、横向きになっていて、先生たちがあばら骨の位置をおさえて確認していて、「ここと、ここ。。。と、。。。ここ。。。よし。それでは始めましょう。」「おねがいします!」



おねがいしません!!!(涙)
やめてーーー!待って!待って!待って!待ってーーー(泣)声を出さねば。声を!!少しでもいいから!叫べ!叫べ!叫べ!!!。。。。んーーー!!!!


。。「乙女崎さーん、起きてー。わかるー?」

ん?!?!終わった?!

。。。「抜いて。」

ん??

ガボッ。オエっ。

「あかん。口の中血だらけや。吸引。。。。乙女崎さーん、ちょっと咳してーー。」

。。。ゲホッ!!!ガホッ!!!オエッ!!!

「はーい。オッケー。運んでー。」


。。。なんかわからんけど、おわった。。。


つーか。。。肩が痛い(泣)痛すぎて息が吸えない。

「乙女崎さん、息できるー?」

スハ。。。スハスハスハスハ。。。「むりです。。。痛すぎて息が吸えない(泣)」

息を吸うと肩が痛くて息を吸い切ることができない。ずっと浅いスハスハスハスハをしてた。
その日はICUに泊まることに。長い朝までの道のり開始。

母と姉がICUに来てくれた。
初めて母に「こわかったよーーー(泣)」と泣きついた。
人生で、母と8歳で離れてから、初めて。


1/26(日)
時はすっ飛んで、日曜日にもう退院していいよーってなって、正味、3泊4日という速さで退院させてくれた。
子供のことが心配だと、そればかり言いつづけた結果、先生たちのご配慮に本当に感謝する。
ありがたかった。


でも、肩がまだまだ痛い!
オペの時の体勢ゆえの激痛なんだけど、傷が痛むとかではなく、こっちでこんなに泣くことになろうとは!!!

なんにせよ、帰宅できてよかった。お世話になりました!

お金を渡して姉にニトリで【人間がダメになるビーズクッション】を買ってきてもらった。
こういうものがないと、まだ布団に平らに寝ることができなかったので、本当に楽だった。


そんなこんなで、現在は肩の痛みはとれて、
あくびもできるようになり、
咳も少し遠慮気味にできて、
くしゃみはするたび叫んでます。

痛いのは胸より下の腹部で、
胸腔鏡下肺部分切除というのをしたときの
なんか、いろいろが通った痕が麻痺してて、
それが痛い。

昨日主治医にきいたら、

「まんだ麻酔がきいてるんや。」
という衝撃!!
肋骨の間を通すのに神経に触れると激痛なので、麻酔を直接入れるそうな。
下手したら神経をわざと潰すこともあるそうな。
それくらい痛いからなんだそう。
身体に負担は少なくても、痛みのコントロールは不可欠やんね。そらそうやんね。

「気にせんといて。(笑)1年くらいしたら治るやろし。」



気になるわ!(笑)

次は肺の腫瘍の結果です。





入院中にやろうとおもって買ったもののひとつ。

【絵手紙】

元々絵が好きで、
絵は落書き程度なら今でも書くんだけど、
仕事のお客様で絵手紙を書いては
出会う人、出会う人、
出会う見知らぬ人にまで渡してしまう人がいて、
でもそれがとてもその人となりがにじみ出てるの。


書は人なり。



なんていうけど、絵手紙も人なり。

入院中の自分の気持ちを正直に書き出したら
どんななのか。

自分の気持ちを正直に出せる練習にもなるし、
子供たちに伝えたい素直な気持ちを書いては渡そうかなとか思うんだけど。

そんなことできるゆとりがあるかは謎(笑)
でも、これは持っていくのだ♥