今までの訪問支援とこれから | ここだけのはなし
新型コロナウイルスに関する情報について

ここだけのはなし

大阪府吹田市でフリースクールここという不登校の子どもたちの居場所を運営する団体です!主に代表三科の活動報告や想い、たまにスタッフもブログを書きます。吹田・豊中・大阪市・箕面・茨木・摂津・高槻・島本町などから通っている子どもたちがいます。

こんにちは。

縄文時代にタイムスリップしたら3日で息絶える自信がある三科です。縄文人リスペクト。

 

昨日は、娘と1日を過ごしたおかげで夢でも娘と遊んでいました。


とはいえ、かなりの時間を一人で遊んでくれたため仕事もある程度進み娘には感謝です。

 

 昨日のブログで書かせていただいたアウトリーチ型訪問支援事業「STAY HOME、WAIT US」


そもそも僕が不登校の子どもたちの支援を本格的にすることになった23歳の頃(16年前)、初めて訪問支援を始めました。


当時は、どこに足を踏み入れればいいのかわからないほどの散乱した家庭や、まずは大掛かりな掃除から始めないと何もできない状況の家庭まで様々な背景のある子どもたちの支援を行っていました。


その頃の経験があったおかげで、今となっては大抵の悲惨な状況は驚かず割とすんなり受け入れることができます。

 

 長くて5年間同じ子どもの訪問支援を続けました。


その間に本当に色んなドラマがあり、当時を思い返すとただ情熱だけで突っ走っていたなぁと恥ずかしく思います。


不登校で長い引きこもりだったにも関わらず、ゲームをキッカケに仲良くなり一緒に勉強を始め、見事志望校に入学した子。


一方で、突然連絡が取れなくなり訪問を断念せざるを得なくなった子。


訪問支援は場合によってはかなりのリスクマネジメントと技術と経験が必要なので、ハードルの高いものだとどの支援機関もなかなか踏み込めないものという印象がありますが、フリースクールで対人スキルを身につけた今の「ここ」の職員なら可能と判断しました。


このコロナの影響で、家庭がギクシャクしている方、子どもとの関係性が悪化した方、コロナ以前から不登校やひきこもりである方とそのご家族。


興味のある方がおられましたらご相談ください。




オンラインでの対面でのご相談も承ります。


最後までブログを読んでいただきありがとうございました。

 

【NPO法人ここ】

〒564-0032 大阪府吹田市内本町1-19-7(フリースクールここ吹田校「あまかり」)
〒564-0038 大阪府吹田市南清和園町3-26(フリースクールここ南吹田校「いどばた」)


Tel 06-6382-5514

Mail npokoko5514@gmail.com

HP http://npokoko.org

Facebook https://www.facebook.com/npokoko5514/

Twitter http://twitter.com/npo_koko?s=09

Blog http://ameblo.jp/koko-suita