子どもは褒めても伸びない | ここだけのはなし

ここだけのはなし

大阪府吹田市でフリースクールここという不登校の子どもたちの居場所を運営する団体です!イベントの感想や普段の想いなどをブログにしています(^^♪


テーマ:
こんばんは。
最近行方不明になる服が後を絶たない三科です。なんで?



「誰も信用できない」

そう思うことって誰でもありますよね。
僕も若いときはずっと思っていました。

この間スタッフに、

「三科さんと会って間もない頃は、世の中全てに対して中指立ててるような顔してたで」

と言われました、その通りだと思います。

20代の写真で笑ってるのなんてなかなかないんじゃないかなというくらい荒んでいました。
二度とあの頃には戻りたくありません。

そんな中でも、「ちょっとだけ信じてみようかな」と思い外に出て理解されずまたひきこもるというサイクルを繰り返していた時期も、つい最近までありました。

子どもやその子どもを支えるスタッフ、そして家族のために生きようと決めてからは、随分楽になりました。

ただ、それまでの経験から「誰か(の存在そのもの)を認めない」という攻撃心にはたても敏感です。

褒める=認める

そう思ってる大人が多いように思います。

何かができた子どもを褒めることは、できない子どもを否定することにも繋がりかねません。

できる=イイ、できない=ダメ

褒めて伸ばすという安易な考え方の教育は、根っこの部分がグラグラの自己肯定感を育んでしまうのかもしれません。

スタッフによく言うのは、「ありがとう」と「ごめんなさい」を恥ずかしがらず言うこと。

「スゴいね!」
「よくできたね!」
「上手だね!」

そんな中身のない言葉よりも100倍効果があると思います。

そして、自己肯定感の低い人はこの2つがなかなか言えないようにも感じます。

いっぱい「ありがとう」と「ごめんなさい」を言ってもらった子どもは、周りにいっぱい「ありがとう」と「ごめんなさい」を言ってあげれる大人になります。

子どもに求める像を自分がちゃんと体現しているか。

大切なのはそういう所なのかなぁと思います。



NPO法人ここ

564-0038 大阪府吹田市南清和園町3-26

TEL 06-6382-5514

MAIL npokoko5515@gmail.com

HP http://npokoko.org

フェイスブック https://www.facebook.com/npokoko5514/

ツイッター http://twitter.com/npo_koko?s=09

ブログ http://ameblo.jp/koko-suita

NPO法人ここさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。