シンポジウムを終えて | ここだけのはなし

ここだけのはなし

大阪府吹田市でフリースクールここという不登校の子どもたちの居場所を運営する団体です!イベントの感想や普段の想いなどをブログにしています(^^♪


テーマ:
こんばんは。
シンポジウム当日の夜は、両手に人の顔が何段も張り付いて取れずに叫ぶ夢を見て、怖すぎて目が覚めた三科です。なんて日だ。

シンポジウムが終わりました。
去年から3ヶ月に一度くらいの頻度で開催をしていますが、今回のシンポジウムはかなり特殊なものになったと感じています。

まず、打ち合わせをどれだけしてもなかなか答えがまとまらなかったです。

いつもは体験談や想いを質問形式で皆さんにお伝えするというものですが、今回は何を質問するのかも全て当日の流れに任すことにしました。

その分、登壇した生徒はもちろんスタッフもいつも以上に不安だったと思います。

今回どんな中身になったのかは、また違う日にブログで詳しくお伝えしようと思います。

シンポジウム終了後、いつものように回転寿司で打ち上げをしました。

もうみんなバクバク食べます。僕もむちゃくちゃ食べました。げっぷ。

生徒を吹田駅まで車で送り届け、別れ際に

「○○!今日はありがとうな!」

と声をかけると、

「うん!みんなありがとう!」

と答え帰って行きました。
 
もうそれを聞いたスタッフ一同、涙を堪えるのに必死でした。

シンポジウムの中で、不登校の時期に言われた自己否定の言葉を思い出しその経験を語ってくれていた時に、生徒は泣いてしまいました。
 
相当辛かったんだろうなぁとその様子からも想像することができました。

終わってから、

「もっと色んなこと言われてんけどさすがにあの場では言われへんかったわ」
 
と言っていました。

そんなことを想い出させてしまった僕たちに、生徒はハッキリと大きな声で「ありがとう」と伝えてくれました。

底なしでしょ。愛が。

人を思いやり感謝することができる気持ちが。

日本中の人たちに自慢したいです。

お父さん、お母さんにも。

そして、今苦しい思いをしている不登校の子どもたちとその保護者の方々にも彼の言葉を伝えたいし見てもらいたいです。

たった一言でこんなにも人の心を動かせることができるんだなと、改めて子どもたちの可能性を感じました。

未来はレインボーだそうです。  

間違いないな、ありがとう。

NPO法人ここ

564-0038 大阪府吹田市南清和園町3-26

TEL 06-6382-5514

MAIL npokoko5515@gmail.com

HP http://npokoko.org

フェイスブック https://www.facebook.com/npokoko5514/

ツイッター http://twitter.com/npo_koko?s=09

ブログ http://ameblo.jp/koko-suita

NPO法人ここさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス