ここからJリーグ -160ページ目
<< 前のページへ最新 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160
2008-10-02 15:00:00

10月4日は東海リーグ天王山

テーマ:地域リーグ

今年も終盤

 清原の現役最後の舞台が各新聞で大きく取り上げられている。「最後は清原らしい豪快なスイングで三振」とかかれ、ものは言いようだというのがよくわかる。パリーグがいよいよ閉幕する。Jリーグは混戦のおかげでまだまだ終わりが見えそうにないが、雲ひとつない青空に暑さを感じることはなくなり、いよいよ2008年も終盤に差し掛かっている。

サッカー王国静岡

 年末年始といえばサッカーファンなら誰でも天皇杯や高校サッカーといった大会を思い出すことだろう。今春の高校サッカーの勝者は流通経済大学付属柏高等学校だ。圧倒的な力を見せ付けて優勝を果たしたインパクトは大きい。準決勝からそのインパクトを拝見させてもらったのだが、実は決勝戦ではそれ以外で大きな印象を植え付けられた。それは対戦相手である藤枝東のファンと言うべきか。絶対的に近いはずの千葉県民を差し置いて大挙して押し寄せた静岡県民である。

 話が変わるが、FC岐阜が発足したきっかけのひとつに何年前かの高校サッカーがあるのはあまり知られていない。決勝の顔合わせは国見高校と岐阜工業高校だ。今のCF岐阜のエースである片桐が活躍した大会である。その決勝戦にどこからともなく押し寄せた岐阜県民を見て、岐阜県へのサッカークラブの必要性を感じたという。恥ずかしながら、この話をどこで得たのかは忘れてしまったが、この決勝の舞台というのは県民性をよくあらわすひとつのステータスなのかもしれない。だからFC岐阜の集客の悪さを悲観するのはまだ早い、というのは別の話だ。

 静岡といえば言わずと知れたサッカー王国である。多くのプロサッカー選手を輩出し、今もなおその名前を譲ることはない。だから藤枝東の応援に多くの静岡県民が足を運んだのは納得がいく。逆に、その人の多さに静岡がサッカー王国と言われる理由のひとつを知った。そしてその静岡には不屈の強豪である清水エスパルスとかつて一時代を築いたジュビロ磐田、アマチュア界最強のHonda.F.Cがある。拡大すればアビスパ福岡も元は藤枝ブルックスという静岡のチームだ。そして今回の話題は東海リーグの雄といえば聞こえはいいだろうか、静岡FCである。

矢崎バレンテvs静岡FC

 静岡FCは2001年のチームが発足から長らく東海一部から抜け出せない。悪い意味で地域決勝リーグ常連となってしまっている。FC岐阜が東海一部リーグに参入したときはこの2クラブで切磋琢磨していくのだろうと思いきや、岐阜にはあっさり昇格されてしまい悔しい思いをしているのではないだろうか。そして今年も地域決勝リーグへの切符を手中に収めようとしている。運命の戦いである10月4日の対戦相手は同じ静岡県を本拠地に置く2位の矢崎バレンテだ。矢崎バレンテとは勝ち点が2ポイント離れているため、引き分け以上で優勝となる。

 矢崎バレンテについて補足説明を。今回はJリーグを目指すクラブということで静岡FCに焦点を当てるが、矢崎も言わずと知れた強者だ。近年は常に静岡FCの影に隠れているが、昨年の全国社会人サッカー選手権大会では準優勝を果たし台風の目となって注目を浴びるだけでなく、今年はスルガカップで優勝し天皇杯の出場権を得る一歩手前まで進むなど実力はアマチュア界でも引けをとらない強さを誇っている。

 サッカー王国である静岡にありながら『静岡』を名乗る静岡FCが今年はどこまで駒を進めることができるのか。それと、静岡の人々がその様子をどのように見ているのか。4日は数時間の短い滞在時間となるが、初観戦ながら注目して見てきたい。

2008-10-01 15:00:00

龍星ひかるです

テーマ:ブログ

はじめまして。

 今日からブログを始めることにしました。名前は『龍星ひかる』と申します。大そうな名前ですが、もちろん本名ではありません。とはいえ本名をもじった名前です。今回は初めての記事ということで、自己紹介と本ブログの趣旨をお話します。

自己紹介

 改めまして、名前は龍星ひかる(りゅうせい-)です。岐阜県を代表する(?)観光地で育ち、3年前から大学に通うために千葉県に来ました。現在大学4年生です。
 サッカー暦は殆ど無いに等しく、しいて言えば小学校の頃に少年団に入っていたという事ぐらい。今もボールを蹴る機会は殆ど無く、サッカーは見るほうが専門です。本当はもっとボールと友達になりたいのですが、なかなか機会に恵まれる事が無く・・機会があったら誘ってください。ちなみに当方、Jリーグが始まった頃からヴェルディのファンでして、3年前から無所属ながらサポーターをやっています。ヴェルディの応援はもちろん、サッカー観戦を趣味としてJ1からJFLまで、時間とお金がある限り現地に行って観戦しています。

ブログの趣旨

 昨日、W杯最終予選のウズベキスタン戦に向けた日本代表が発表された。ニューフェイスに若手のFWが多く、話題をよんでいる。それは決定力不足と言われる日本代表の強化という命題に対して岡田監督が出した答えが森島、興梠、岡崎の選出だ。それは監督である岡田の解答。では、僕は一人のサッカーファンとして解答欄に何を書くべきか。

 徳島ヴォルティス・ザスパ草津・愛媛FC・ロアッソ熊本・FC岐阜。J2が発足してからJリーグの敷居が低くなり(というと語弊があるが)、門戸が大きく開けたことで、Jリーグを目指すサッカークラブは格段に増えた。前述した5クラブがその成功者たちであり、中でもパイオニアとなったザスパ草津とゼロから一気にプロ化したFC岐阜はそれを目指す彼らにとって大きな存在だろう。今やJリーグという舞台は決して夢ではない。その証拠に、今や多くのクラブが本格的にJリーグを目指している。

 Jリーグの充実には彼らの力が必要だ。新加盟クラブが加わるにつれてJ2が活気付いていくように、Jリーグを高いレベルにするには断続的な底上げが必要になる。Jリーグが目指す40クラブに対し、現在のプロクラブは33。あと7の席のうち、僕が把握している候補者は非公式ながら目指していると思われるクラブもあわせてJFLだけで9つ。飽和するのも時間の問題だが、入れ替え戦が導入されるというならば彼らのその活気は失わないだろう。そしてその活気を絶やさないことが必要になる。

 日本代表の強化という命題に対する僕の解答がこのブログだ。早い話、Jリーグがいい選手を輩出できるようになればよい。そのためにはJリーグの充実が必要であり、それには下部リーグの盛り上がりが必要となる。そしてその下部リーグを盛り上げるために自分が出来る事は何か?Jリーグ未満のアマチュア・セミプロクラブを追いかける形で話題にしていく事で、微力ながら彼らの注目度を上げる手伝いをすることだ。ここから、Jリーグを盛り上げたい。

今後の予定

 細かい内容は様子を見ながら変化させていこうと思ってます。一応、新潟開催の全国社会人サッカー選手権大会と地域決勝リーグは見に行く予定です。結構本格的ですよ(笑)。まずは手始めに今週土曜日の東海1部リーグの天王山「静岡FCvs矢崎バレンテ」を観に行こうと思っています。好ご期待と言う事でこの辺で。

<< 前のページへ最新 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。