愛猫の死

テーマ:
「小部の里」から「つくばね」に戻ってきました.
その間,ウィリアム君の看病でブログ更新どころではありませんでした.
どうもすみません.

そして,

9月21日未明,愛猫のウィリアムが天国に旅立ちました.享年9才. 

IBDという病気で,普通なら数か月の命と言われながらも, 
頑張って3年生きました. 

動物病院の前に捨てられて, 
貰い手がつかず,我が家に迎えたのが5才半の時. 

最期の日は,わずか6時間で, 
食べられなくなり,飲めなくなり, 
歩けなくなり,座れなくなり,立ち上がれなくなり, 
それでも立ち上がろうと, 
パタン,パタンと寝返りを打ち続け... 

最期の瞬間,実は私は見逃してしまいました. 
つい転寝をして,目覚めたらもう息をしていませんでした. 

目はあいたままで,まるで生きているようで, 
思わず体を揺すり,胸に耳をあて,人工呼吸もして, 
でも,体は冷たく,硬くなっていくばかりで... 
認めるしかありませんでした. 

それにしても,容態の急変というのはこういうのをいうのですね. 

まだ部屋のそこかしこに,彼の気配はしていて, 
足元をすり抜けたり,椅子に飛び乗ってきたり,ベッドで丸くなっているようで. 
たまに鳴き声が聞こえたりしてドキッとしたり. 
(実際はほかの子の鳴き声なんだけど) 

これからは女の子2匹を,ちゃんと守っていくからね. 
ありがとう,ウィリアム君