牧場の園の小さなお家

「小部の里」から「つくばね」へ戻ってまいりました.
ネコは2匹に減ってしまいました.
ただいま凹んでおりますが,また余裕のある時に,無理せず更新していこうかと思っています.


テーマ:
先週の金曜日(7/25)のこと。
なーんか、サラちゃんのうんち下痢っぴだよねー
と心配していたら、そのうち血便が!

大急ぎで動物病院へ電話。
「あした連れてきてもらえますか。子猫の血便はこわいので」
「ウンチはラップに包んで、空気に触れないようにして持ってきてもらえますか」

さあ大変、まあ大変、
そうこうしているうちに、また血便。

翌日、近道を見つけたので1時間弱で病院に到着。

「子猫なので、治療は先手先手で進めます」とのこと。

体重は550gになっていた。

で、さっそくお注射。
鳴くかな、暴れるかなと思ったら、固まって動かなかった。
よいこよいこ。

インターフェロンの入った点眼薬をもらった。
「とにかく、1日、何回でも、沢山回数差して下さい」
あとは、抗生剤の入ったピンクの甘い香りのお薬。
これは、ほんとにピンクとしか言いようがない。

あと、ウィリアムの下痢止めに漢方薬をもらった。

さて、
翌25日は2匹ともウンチなし。
26日はサラは1回。
下痢ではなくなったけど、まだゆるい。
ウィリアムはウンチなし。
27日の朝
2匹ほぼ同時にウンチ。
サラのはまだゆるめだが、ちゃんとウンチの形状をしている。
ウィリアムのはもう、しっかり、下痢は止まったみたい。

結局、この間、いつもの通り淡々と過ごしていたのは、
アイリーン女王さまだけだった。
(さすが!)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、サラちゃんのウンチを持って、
1時間半かけて病院に行ってきました。

近所にも動物病院はあるけれど、
ウィリアムが5年間を過ごした病院なので。

本猫を連れて行くのは、
往復3時間の車の旅はストレスだから、
と主治医の判断で、
とりあえず、ウンチのみをお届け。

寄生虫の検査をしてもらいましたが、
とりあえずパスしました。

10日後に電話して、
ウンチの再検査をするかしないか、
もう少し待ってから、
本猫を連れて予防接種を受けさせるかを決めます。

ちなみに、サラちゃんの今日の体重は474gでした。
キッチン用の秤でまだ計れるんだね。

これからグングン大きくなるでしょう。

下2桁まで計れる体重計、どこへしまったかしら。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
サラちゃん、
待望のウンチとシッコをやってくれました。
ウンチは病院へ持って行くべく、
ビニール袋にいれて、
密閉容器に格納!

病院は月曜の午前中なのよね。
忘れないようにしなくっちゃ。

さて、

サラちゃんはすっかり緊張もほぐれ、
ケージから出して!と鳴いています。

そんなサラちゃんを隣の部屋から、
様子を窺うようにジッと見ている先住猫たち。

彼らの方がストレスが大きそうです。

サラちゃんのケージの前を、一応、威嚇しながら走り去り、
鉢合わせした二匹で、ウーとかハーとかシャーとか。

一番ナーバスになっているのは一番年長のウィリアム。
アイリーンに八つ当たりしたりして、、、
アイリーンは迷惑がっているようです。

どっちかというと、アイリーンはサラちゃんには無関心。
でも、私の気を引くことに一生懸命です。
そういう意味じゃ、私に対して怒っているみたい。

可愛がってあげなくちゃ!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
去年の暮れに、ウィリアムという5歳の大人猫を迎えた。
すったもんだはあったが、今は仲良く暮らしている。

で、子猫である。

半野良だったそうだ。
保護した人に「せめて3ヶ月は母猫のもとにおいて下さい」
と言っておいたのに、、、
やってきたのは生後約1ヶ月半の500gに満たない子猫。
美形の三毛猫である。

とりあえず猫エイズの検査はシロだったので、
連れて帰ることにした。

後で主治医に電話したら、
この時期に検査しても正確さに欠けるとのこと。
「あと2~3週間してから連れてきてください」
確かに車での長時間移動は猫にとってストレスだ。
「今晩、餌を自力で食べられるか、食べられなかったら子犬用のほ乳瓶を買ってきて、ミルクを飲ませてあげてください」との指示が。

ということで、
 1.ウェットの離乳食
 2.子猫用ドライフード
 3.水
 4.ミルク
を小皿にならべて一晩放置。

今朝になって計測すると、
 1.28g
 2.5g
 3.26cc
 4.手つかず

どうも、ミルクは卒業しているみたい。
ドライフードも食べているので、丁度離乳が完了したかな、って頃合いだろうか。

あとは、トイレでウンチとシッコをしてくれるのを、首を長くして待っているのだけれど...こちらは未だ成らず。

ウンチをしてくれたら、それを持って主治医の所に走り、虫がいないか検査してもらうことになっている。
この検査は複数回しないと正確な結果は出ないとのこと。

がんばれサラちゃん!
しっかり食べて、しっかり飲んで、しっかり出そうね!!

昨日は、突然つかまって、母猫と兄弟猫と引き離されて、病院で採血されて、長時間車に揺られて、新しい家に連れてこられて、相当に緊張していたと推察されるので、とりあえず、自力で飲食できることを見せてくれただけでもよしとしよう。

彼女の名前は「サラ」。
大好きな女性ホルン吹きの名前をもらった。

サラの当面の居室は、折りたたみ式のメッシュのケージで、昨夜はミーミー鳴きながらバリバリバリバリとクライミングなさっていたので、元気は元気。

先住猫はといえば、、、
アイリーンはさすが女王の風格。ほとんど無関心を装っておられる。
ウィリアムは・・・ありゃ、小姑だね。ケージの前に陣取って、天の岩戸からサラ姫がお出ましになるのを待っているだけでなく、餌の匂いにガシガシガシガシケージを掻くもんだから、、、
あのー、サラ姫に「ヤなオヤジ」とかって思われちゃうよ。
静かにそっとしておいてあげてくれませんかね。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。