2018-03-09 19:20:54

佐川国税庁長官が辞意表明、労組に佐川氏「満面の笑顔」「(トップの不始末)組織で適切に対応」と回答

テーマ:霞が関・公務関連情報

 森友学園との国有地取引での財務省の決裁文書が改ざんされた疑惑で国会審議が空転し混乱するなか、佐川宣寿国税庁長官が辞意を表明しました。

 これまで、「〈佐川宣寿国税庁長官〉苦情殺到の矢面に立たされている国税庁職員にも謝る姿勢なし」や「〈佐川宣寿国税庁長官〉苦情殺到の国税庁職員に「年明け以降の確定申告で苦労かける」と語るも謝罪なし」という記事の中で、現場の国税庁職員でつくる全国税労働組合の主張を紹介してきました。

 確定申告の真っただ中ということもあり、苦情殺到の矢面に立たされている国税庁職員に取っては朗報と言えるでしょうが、「適材適所」とかばってきた安倍晋三首相と麻生太郎財務大臣、そして安倍内閣の任命責任を逃れることはできません。加えて、森友の国有地売却問題で対応に当たっていた財務省近畿財務局の職員の自殺もあり、財務省の決裁文書の改ざん疑惑についての一刻も早い真相究明も求めれています。

 また、この森友問題の責任を、辞任する佐川氏や自殺した財務省近畿財務局の職員にだけ負わせるような画策を安倍内閣が行ったり、これで森友問題の幕引きを行おうとすることは、安倍内閣が内閣人事局を通して佐川氏や財務省近畿財務局の職員など官僚の人事権を握っている公務員制度から見ても許されることではありません。

 いまの内閣人事局を中心とする公務員制度の仕組みにおいて、安倍内閣が佐川氏など官僚の人事権を握っているということは、もし佐川氏が森友問題に関する国会答弁において、安倍内閣に都合の悪い答弁をするようなら、ただちに佐川氏を更迭して口を封じ、安倍内閣の言う通りに答弁する官僚の差し替えることが可能なのです。なので、佐川氏のこれまでの国会答弁は、安倍内閣の主張と同じことになりますから、佐川氏が森友問題の国会答弁の責任を取って辞任するのなら、安倍内閣は総辞職しなければおかしいのです。

 このように現在の公務員制度から見ても、佐川氏辞任で森友問題の幕引きは許されるものではありません。

 そして、森友の国有地売却問題で対応に当たっていた財務省近畿財務局の職員が自殺した問題は、これまで、「森友事件の影の主役は内閣人事局=霞が関キャリア官僚は「安倍政権の奉仕者」で縁故・腐敗・汚職・大統領暗殺まねいた200年前のアメリカ猟官制時代と同じ」ということも指摘してきましたが、「安倍政権の奉仕者」「安倍政権に私物化された国家公務員」は、生殺与奪の権利さえも私物化されてしまっていることを示しているのかもしれません。

 最後に、この間、佐川氏の問題で苦情の矢面に立たされてきた国税庁職員でつくる全国税労働組合機関紙『全国税』を紹介しておきます。

 

 

トップの不始末 組織で対応?

繰り返される同じ苦情にダメージ

確定申告期に戦々恐々

全国税労働組合の機関紙『全国税』2018年2月25日付

全国税は2月2日、今年度3回目となる佐川長官との団体交渉を行いました。

佐川国税庁長官 確定申告も間近に迫り、特に本年は、各種新施策への対応等も必要であり、また、現場において納税者から様々なご意見が寄せられていることも承知している。職員の皆さんのご尽力は、納税者と信頼ある税務行政を築く上で大変重要だ。心から感謝をお伝えする。

本年の確定申告も、苦情には国税組織として適切に対応するので、安心して職務に精励していただきたい。

これからの最繁忙期には多大なご苦労をおかけするが、円滑な確定申告となるよう、庁局署一体となって取り組んでいく。

全国税 医療費控除の5年間保存義務で、「保存していないのは財務省ではないか」と言われる。調査での臨場時に、国会のラジオ中継が流れ、一瞬絶句した後、納税者から慰められた。修正申告の説明時の嫌味に反論できず耐えている。同じことを何度も言われ、ダメージが重なり、確定申告期を迎え戦々恐々としている。部下の苦情対応に上司が出るのは当然だが、トップの不始末で、なぜ統括官が耐えなければならないのか。

当局 組織として適切に対応していく。

 

 以上が、佐川長官との団体交渉でのやりとりですが、同紙のコラム欄でもこの問題を取り上げていて、そのコラムの最後には、「2月2日の長官交渉で、当局側は、15分ほど前から交渉会場で着席していた。中央で満面の笑顔を浮かべて着席していた佐川長官。何を伝えようとしていたのだろうか。」とあります(※全文はこちら)。この佐川長官の謎の満面の笑顔は1カ月後のきょうの辞意表明を示唆したものだったのかもしれません。

井上伸

すくらむさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。