アゲハ蝶は神の使い⁂古代イワクラ文明への超フライトツアー | マジョリカの恋するように旅をして

マジョリカの恋するように旅をして

恋旅 神旅 宙旅 光と闇のクロスする瞬間


テーマ:

 


 

神意こそ われ企てる ツアー也

霊地熊山 素盞鳴御陵

 

神おわしますイワクラ⁂古代イワクラ文明への超フライトツアー

 

10月14日 

この日は岩神神社のゆるぎ岩へは道が危なく訪問できなくなったことから

訪問先がゆるぎまくり14日の早朝に突然〈熊山遺跡〉に行くことになったのでした。

 

創建年代不詳 熊山神社

 

 

さらに山道を奥へ奥へ

 

 

猿田彦さん

 

 

熊山遺跡

熊山山頂(508m)に在る石積みの遺構 

 

 

 

岡山県和気郡熊山の山頂にある戒壇は、神素盞嗚大神様の御陵である。中略 素盞嗚大神様は八頭八尾の大蛇を御退治なされて後、櫛稲田姫と寿賀の宮に住まれた。尊百年の後出雲の国のうち、最上清浄の地を選び、御尊骸を納め奉った。これ備前国和気の熊山である。大蛇を断られた十握の剣も同所に納まっているのである。かの日本書紀にある「素盞嗚尊の蛇を断りたまえる剣は今吉備の神部の許(ところ)にあり、云々」とあるが熊山のことである。この戒壇と称うる石壇は、考古学者も何とも鑑定がつかぬと言うているそうであるが、そのはずである。ちなみに熊山の麓なる伊部町は伊部焼の産地であるが、大蛇退治に使用されたる酒甕はすなわちこの地で焼かれたものである。伊部は忌部の義であり、また斎部の意である。出口王仁三郎 愛善苑岡山分所HPより

 

 

展望台から 

 

 

四国小豆島まで一望

 

 

出口王仁三郎も弘法大師空海もここ熊山に聖地を作ろうとしたのだとか

 

 

うれしたのしで突っ走る

 

 

楯築遺跡 

謎のストーンサークルと日本最大の弥生古墳 

須田郡司さんの計らいで特別に御神体である亀石を拝見させていただきました。

石の表面には不思議な帯状曲線入組文様が刻まれています。

 

 

撮影Yさん

 

楯築遺跡は何らかの儀式的または呪術的な空間ではないかと言われているそうです。

 

 

ストーンサークルになっている巨石は石同士が音を反射させ倍音となり

音霊によるヒーリングとしても使用されていたのではないだろうか?!

そこで実験

 

 

おあああぁぁぁ_________________音譜音譜音譜

 

 

成功満面笑音譜音譜音譜

 

 

そうしたら やはり やってきました アゲハ蝶ちょうちょ2羽

 

 

過去に一緒に伊雑宮に御詣りした際に

木内さんの頭上でアゲハ蝶がヒュルヒュルと舞っていたのには

本当に驚きましたが「いつもくるんだよ」と事も無げにつるちゃん。

 

 

神様の使いかな

 

 

黒いほうは八咫烏にみえなくもない

 

 

ツアーラストの食事へ まもなく閉店することになっていたdelueさん 

心をこめて作ってくださいました ごちそうさまでした🍴

 

 

大吉備津彦命の御陵

 

大輝由樹命

 

大利昌命

 

備中と備前の中間地点

 

みよちゃん

 

みさちゃん きょうちゃん ゆかりちゃん のりちゃん

 

吉備津彦神社

夏至の日に正面鳥居から陽が差し込んで祭文殿の鏡に当たる造りになっているので

「朝日の宮」と呼ばれているそう晴れ神社晴れ

 

 

 

 

 

 

吉備津神社

この日は偶然にも年に一度の秋期大祭の日で終わったあとに訪問したのでした。

秋季大祭 七十五膳据神事

 

吉備津神社のしめ縄は私には中華菓子に見えてしかたありません∞∞∞

 

麻花 (マーファー)

 

神聖なる回廊ではしゃぐ大人たち きっと祭りのエネルギーが残存していたせいですね

許したもう〜

 

 

さてここで伝説の鶴彦ストーリーがはじまるのですが長くなるので続きは最終章へ

 

つづく

 

撮影majolica 無断転載禁止

熊山遺跡参考聞込み Dr.SHU

 

majolica@高島敏子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス