富士の麓の浅間大社にいってくる! | マジョリカの恋するように旅をして

マジョリカの恋するように旅をして

恋旅 神旅 宙旅 光と闇のクロスする瞬間


テーマ:



真っ青な空に白い雪化粧の美しい富士

お仕事をご一緒にさせていただいてる田村珠芳さんと富士の麓の「富士宮浅間大社」へ御参りに、1/12 日帰りバスツアーで行ってきました。




成人の日と重なり境内はかなりのにぎわいでまだお正月気分。




こんなハレの場面に遭遇するとにっぽん人魂の血が騒ぐ!!
着物もたまには着てみたいな~と思ったり。



鳥たちはおだやかでゆったりしている。
カラスも近所のゴミをねらうカラスとは全く違う風情で、ついこの前もゴミを捨てる時に、近距離の真上からじ~っと上から目線で魔のエネルギーを感じたし・・。
それに比べてこの絵になる様子、にんげんもこうありたいものだ。




正式参拝と境内を宮司さん(権禰宜さん)に案内してもらう。
他の神社でも何度も経験してるけど、とても喜んでお話してくれながら境内を案内してくれる方が多いのだ。


神様に仕える仕事、
とても尊いことだと思う
そして日本を愛しているのがひしひしと伝わってくる
袴も美しい装いだ。



ガイドを務めてくれた(株)クラブワールドの大村真吾社長が
もうひとつ行っておかなくてはいけない神社があると
案内してくれたのが「山宮浅間神社」





到着するなり、ここのパワーに圧倒される。
富士宮浅間大社が陽なら山宮浅間神社は隠れた陰のパワー。
拝殿や本殿は建てず・・といっても過去に何度か建てようとしたが・・
「山宮浅間神社に本殿を造ろうとすると、
風の神の祟りがあるので本殿を造ってはいけない」
ということになったらしい。
ここに人の手が加わる建物は確かに合わない。



iPhoneでの撮影でも、この写真を見たら神域であることを感じるのではないだろうか。
日本古代のプリミティブな祭祀場というと、鹿児島にある元霧島の場所も足を踏み入れた途端ワープしたことを思い出す。




御神山の富士山

ご祭神 木花之佐久夜毘売命
浅間大社に同じ 別称を「浅間大神」ともいう。


  




そしてこんなお菓子みつけた~😄





3歳の時からこっこと呼ばれてきたので何だか嬉しい~😄

「旅で出会ったかわいい子」


日帰りツアーは初めての経験、名残惜しくみなさんとお別れしました。

田村珠芳さん、大村真吾社長、ご一緒したみなさま、ありがとうございました。

次回は新潟へGOGO!!














majolica@高島敏子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス