【東京・広尾】2018年秋の展覧会のお知らせ | 工房KOKIMOKU/小泉春樹・順子の作品ブログ
2018-10-11

【東京・広尾】2018年秋の展覧会のお知らせ

テーマ:展覧会のお知らせ

 

厳しい暑さの記憶が徐々に薄れてまいりましたが、皆様如何おすごしですか?この秋も大雨や台風・地震等の自然災害が起きました、被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

我が家の裏庭は春からウグイス・イソヒヨドリ・ガビチョウの歌合戦が始まり、暑さでウグイスが抜けても、イソヒヨドリとガビチョウは夏中鳴いておりました、右の写真は庭の水盤に水浴びに来たガビチョウです。二者共にとても良い声なのですが、ガビチョウが朝の5時過ぎから夕方まで大きな声で鳴くのには閉口しました。凄いスタミナで、西日本から移って来たシャワシャワと鳴くクマゼミも負けそうでした。

近くの侍従川も満潮の時には大きなスズキやクロダイ・ボラが橋の下で10尾位たむろしていて、時々座布団大のエイも居て毎回今日は何に会えるかと散歩が楽しみでした。クロダイは何故か背びれを出して泳ぐので遠くからでもすぐに判ります。相変わらずボラやクサフグ・アユ達は群れをなしていて、イソシギ・ホシゴイ・カワセミにも時々会えました。

さて広尾での展示会は今年25年目を迎えました。長い様なあっという間の様な気がいたしますが、正直ここまで続けられるとは思ってもみませんでした。これもひとえに支えて下さった皆様のお蔭です、有難うございました。6月から広尾展の企画を考えていて、今までの春樹の作品の中から特に思い出深い絵を選んで画集を作る事を思いつきました。



素晴らしい印刷会社との出会いがあり、小さいけれど中身の濃い画集が出来ました。画集を作るなど夢のまた夢と思っていたのですが、出来上がってみると懐かしい作品達がまるで描きあがったばかりのように並んでいて嬉しくなりました。


アートの中で絵は形に残るものですが、運よく美術館に収蔵されても展示される機会は少なく、お客様の家で飾って楽しんで頂けたらそれは作家冥利に尽きるのですが、作者は作品に二度と会う事はありません。絵を描き始めて30年目の節目に、本当に良い記念の画集が出来ました。春樹の作品の変化もよく判ります、お手に取ってご覧いただけたら幸いです。


 

尚表紙のハシビロコウの作品をはじめ半数の作品はすでに手元にございません、展示会場には展示しておりませんので、悪しからずご了承下さい。

新作の油絵の他、木彫作品、ブローチ等展示いたします。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。


小泉春樹・順子

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
秋の展覧会
2018年11月7日(水)~13日(火)10:30~19:00 最終日は17:00
東京都渋谷区広尾5-6-6 広尾プラザ2F
ギャラリー広尾  TEL:03-3444-1515
●地下鉄日比谷線「広尾駅」より徒歩1分1、2番出口が便利です。
●都営バス「広尾橋」下車1分
77目黒駅~千駄ヶ谷駅
86目黒駅~新橋駅
97新宿駅西口~品川車庫前
地図はこちら※ギャラリー広尾ページ
去年の展覧会の様子はこちら
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Autum exhibition 2018

from October7 to October 13, 2018
Opening hours: 10:30-19:00 (Lastday:10:30-17:00)
Address:5-6-6 HIROOPLAZA2F, Hiro, Shibuya-ku, Tokyo, 150-0012, Japan
1 minutes walk from HIroo Station (exit2).

*☆*:;;;:*☆*:;;;:ブログ内作品写真の無断転載を禁じます*☆*:;;;:*☆*:;;;:

作家の娘さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス