360°の戦場

テーマ:

 

 

https://twitter.com/nhk_sports

 

やる気の眼ですね。

ゾクゾクするような、本気の羽生結弦が

もうすぐまた見られますねキラキラキラキラ

 

こんにちわ。

 

羽生くん♡♡♡記事を書きたいと思いつつ、

このところなぜか、にわかスケオタもどきな(^_^;)記事が続いてます

 

ていうか、試合が近づいてきて落ち着かない…💦            

 

★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。

 

フィギュアスケートのリンクは

https://www.shikoku-np.co.jp/sports/international/photo.aspx?id=20121206000002&no=1

 

客席から、360°見られます。

 

そこで選手は、3分~4分位の間、

 

たった1人もしくはペアで、

 

注目を浴びて、氷上の演技をします

 

 

バレエや、音楽のコンサートやお芝居の舞台は

 

 

円形ステージでライブが行われることもあるけど、

観衆がみるのはその半分の180°の空間であることが多いですよね

 

 

アスリートが行う競技は、やはり円形の競技場が多いですが、

 

フィギュアスケートが違うのは、競技でありながら、一挙手一投足の美や芸術性も評価されることですよね

 

しかも、氷の上で演技をするという不安定さやスリルや…時には危険を伴うことも…

キラキラぴかぴか

だから選手は非常に緊張感をもって演技に挑むことになるのだと思いますキラキラ

 

https://www.scoopnest.com/ja/user/SportsHochi/964530356450816000--photo-by-yuichi-sakai-

 

もちろん芸術や、エンターティンメントと言われるものも、

180°の空間ではあっても、観衆に見られる緊張感はあると思います

 

でも、バレエにしろ、コンサートにしろ、・・・特殊な大技でもやらない限り、床の上でやっているかぎりは、まずは安全で、安定した空間で演技をすることになります。つまずいて転ぶ位はあるかもしれないけれど、後は出来が良いか、悪いかの問題です。余程の事がない限りあまりマイナス‥と言うことは無いような気がします・・。

 

 

 

でもフィギュアスケートは、

より良い演技を目指すのは同じですが、失敗するというのは、時には氷上で観衆の前で転倒したりする事でもあります。失敗は、あからさまで、時には危険を伴うことさえあります。特にジャンプは成功でなければ、失敗を意味することも・・

 

 

選手にとって、氷のリンクはまさに、360°の舞台であり、スリルと緊張を伴う、たった数分で勝負の決まってしまう戦いの場でもあるのですよね‥。

フィギュアは、緊張とスリルを伴うスポーツであり、一挙手一投足の美を問われる芸術である、特殊な競技なのだと思います

 

…それは見ている観衆の方もやはり、

ドキドキしたりスリルを感じたりしながらも、また魅了されたりうっとりしたりする・・・とても引き込まれる時間でもあると思います。キラキラぴかぴか

 

そういう非常に視線や注目を浴びる競技が好きで、とても向いている選手もいると思いますが…。( ´艸`)

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。

 

 

 

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

そして、そんなワクワクドキドキする初戦がもうすぐ始まります…!

オータムクラシック!

 

楽しみです♪♪♪

 

ライストは真夜中…羽生くんの出番は明け方近く・・?

その前にいよいよ明日(正確にはあさって)の夜中には公式練習も…。キラキラ

 

寝不足対策、考えなくちゃ…σ(^_^;)

 

羽生くんが早く見たい…

髪型も気になるチューキラキラ

 

キラキラキラキラ

 

落ち着かない~

いよいよカウントダウン・・💦

 

ではではキラキラ*apple.赤とんぼ

 

お読みくださりありがとうございました♡

 

Wハートキノコ

 フィギュアスケートランキングへ 

画像・動画は感謝してお借りしていますm(__)m
転載等はNGです。宜しくお願いします♡