薬毒の話 | スピリチュアルな鍼灸師【チャネリング日記】
新型コロナウイルスに関する情報について

スピリチュアルな鍼灸師【チャネリング日記】

我が龍神ファルコとのリーディング対話やスピリチュアルな話を書きます。


こんにちは、


今日は、


薬の身体に与える影響について、


薬と言っても、


ものすごい数の種類が有るので、


どれが、安全で、どれが危険なのかは、


一概に言えません。


当然、お医者さんの指示の元、


薬剤師さんが、処方してくれたり、


或いは、


薬局で手に入れる薬も有るので、


今回は、危険度については


省きます。


只、私達、鍼灸師は、


当然、薬を処方する事は出来ませんし、


勧めることも出来無いことも有って、


鍼とお灸と気功で、


人間が持ってる、


自然治癒力に刺激をし、


身体を治したり、


脳から、モルヒネ様の物質を出し、


痛みを抑えるという治療です。


最近、今話題の、


コロナのワクチンを打った人が、


私の周りにもチラホラ出てきました。


ほとんどの人は、


副反応と言うのは、


無くて、


注射後も、


それほど痛くない人ばかりですが、


最近、ひょっとしたら、


ワクチンの副反応かもしれない人を、


治療しました。


その人の、症状は、


足の親指の関節の痛みと、


膝から足首までの外側に、


力が入らない。


というもので、


何かをした訳でも無く、


ワクチンを打った2日後に、


微熱が出て、


それから、


足の症状が出たようです。


足の親指の痛みは、


痛風の可能性も有るし、


外側の力が入らないと言う症状は、


神経的な問題や、


経絡の気の滞りなどが、


考えられます。


まあ、治療を始めました。


もうひとつは、


薬毒。


これは、どの薬を体内に入れても、


身体には良くない成分が有ったり、


身体に適さない成分が


有ったりするので、


それは、消さなくては成りません。


先程の、痛風の疑いは、


関節に炎症が無いので、


これは、多分、


大丈夫だろうと思いますが、


一応、念の為、


血液検査をおすすめしました。


足に力が入らないと言う症状も、


麻痺では無いので、


これも、何とか成ります。


残った、薬毒の治療は、


築賓(ちくひん)と言うツボにお灸です。


このツボは、解毒作用のツボです。


それで、


実際、してみたところ、


1発で、全部の症状が取れました。


薬毒でした。


特に、コロナのワクチンは、


初めて体内に入れるものですから、


中には、上手く適合しない人も、


居ると思うので、


お灸しましょう。




(ちくひんは、内くるぶしから、親指を横にして、5本上の場所)


光珠に来院出来る人は、


私が、やりますが、


遠方で来られない人は、


市販の"せんねんきゅう"


でも、効果は挑めます。


1度、試してみて下さい。


体内の解毒作用は、


主に肝臓が行うのですが、


免疫力が下がってたり、


体力が低下した人や、


持病がある人は、


肝臓の機能だけでは、


追いつかない場合があるので、


この築賓(ちくひん)の灸は、


即効性がある事が、


今回改めて、証明してくれたので、


光珠に、来院される方で、


ワクチンを打つ人には、


全員に築賓のお灸を、


致します。


◇申込みはコチラ

 ↓↓↓↓↓

マタニティコース

【通常治療&セッション】

1度お試しポテンシャルアドバンスセッション

25thキャンペーン申込

ルートリーディングワークショップ
(リーディングセッション付き)
7月29日(木)10時〜12時
場所:オンラインで開催

【スピリチュアル初級講座】

【お知らせ】
「癒し&スピリマルシェ」(夏から秋)
2021年8月21日(土)10時〜16時
オペラスkonohana2階