#レンタル彼氏 腸内細菌 | レンタル彼氏 小田幸次郎のブログ

レンタル彼氏 小田幸次郎のブログ

彼氏派遣(レンタル彼氏).comの「小田幸次郎」のオフィシャルブログです。

人の腸内細菌は、大きく分けて善玉菌、悪玉菌、どちらでもない中間の菌の

3グループで構成されています。

 

腸内細菌の中で一番数が多い菌は中間の菌で、次に善玉菌が多く、悪玉菌は少数です。
個人によって腸内細菌の種類は、多様で異なります。
そして食事と住んでいる国等によっても異なります。
菌の数は年齢によって増減はあるものの、菌の種類は一生を通じてほとんど変わらないことのことです。
例えば抗生物質の飲用や食中毒では腸内細菌は大きく変動しますが、時間の経過とともに元に戻るらしいです。

 

悪玉菌が増える原因は、以下です。
1.たんぱく質や脂質が中心の食事
2.不規則な生活
3.各種のストレス
4.便秘

 

腸内細菌は肥満、糖尿病、大腸がん、動脈硬化症、炎症性腸疾患などの疾患と密接な関係があります。
健康的な腸内細菌は、善玉菌のビフィズス菌や乳酸菌が優勢であり、その他の菌ができるだけ劣勢である状態です。

善玉菌は乳酸や酢酸などを作り、腸内を酸性にすることによって、悪玉菌の増殖を抑えて腸の運動を活発にします。
このことで、食中毒菌や病原菌による感染を予防します。
そして、発がん性をもつ腐敗産物の産生を抑制する腸内環境を作ります。
さらに、善玉菌は体の免疫力を高め、血清コレステロールを低下させる効果もあります。

 

理想的な腸内環境づくりのため、腸内の悪玉菌を抑えて善玉菌を増やしましょう。