2007年03月19日(月) 11時34分50秒

災害時の要援護者支援マニュアル 兵庫県

テーマ:個人情報保護法


こんにちは、でこです。

3月もあっという間に終盤になりまして、
もうすぐ2回目の4月がやってきます。


1年がこんなに早いとは。。。。
社会人になってから、そこが一番嫌だなあと思っています。
何とかしなければいけないと思う今日この頃です。

今日は、度々取り上げてきた、災害弱者に関する記事です。


以下「神戸新聞」(07.03.17)より引用-------------


災害時の要援護者支援 県の検討委が指針改訂


 兵庫県の地域防災体制検討委員会(委員長=松原
一郎・関西大教授)は十七日、神戸市内で会合を開き、
自力で避難が困難な高齢者ら「災害時要援護者」の避難
支援の市町向けの改訂指針と、モデルマニュアルを大筋
でまとめた。改訂指針では、本人の同意を得なくても、
要介護度などの個人情報を自主防災組織など地域に提供
する方法を推奨。今月中に完成させ、二〇〇七年度には
市町に示す。


 同委は県が事務局を務め、学識経験者や市町の幹部ら
で構成。昨年七月から議論を重ねてきた。

 改訂指針では、災害時の避難支援で全ての要援護者が
対象となるよう、本人の同意を得ないでも情報が外部提
供できるように個人情報保護条例の「壁」を条例改正や
特例規定の適用でクリアすることを提案した。


 一方で、豊岡市や西脇市のように、同意が得られた人
のみの個人情報を提供する方法なども掲載。県防災計画
課は「地域の実情に合わせて考えてほしい」としている。

 モデルマニュアルは改訂指針に基づいて作成。
市町がマニュアルを作る際に役立ててもらう。


 会合では「過疎地では支援する側の方が少ない地域も
ある。要援護者は単に年齢などで区切るのでなく、本当
に支援が必要か見極める必要がある」などの意見があっ
た。


引用元はこちら
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000273319.shtml
-------------------------------------------------


これはつまり、こうしなさい、というお触れではなく
本人の「同意を得なくても、要介護度などの個人情報を
自主防災組織など地域に提供する方法」がいい方法だと
思いますよ」という県側からの提案であり、
各市町のマニュアル作り為の参考資料なんですね。


こういったことには明るくない方もいると思いますので、

とてもいい試みだと感じました。


指針の方でも、「個人情報保護条例の「壁」を条例改
正や特例規定の適用でクリアすること」を提案している
ところが、「どうしよう・・・?」で止まっている他の
地域と大きく違うところなのではないだろうか?と思い
ました。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

kojinjouhouさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■セックスフレンド

気軽にセックスを楽しめる!ご近所同士のスキンシップやセックスしたい純粋な願望を満たしてみませんか?写メもあって直接メール送信OK

3 ■アダルト

アダルトサークルをご紹介!素敵なきっかけ探し!アダルト好きな方にはお薦め

2 ■アダルト

アダルトな一時を楽しめる…素敵なアダルトライフを求める女性様より朗報です。

1 ■アダルトな時間には優雅な楽しみがあるのです

アダルト

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。