現役税理士がお伝えする個人事業主の税金節税予備校

現役税理士がお伝えする個人事業主の税金節税予備校

個人事業主さんの税金の悩みって多いのではないでしょうか?
このブログでは現役の税理士がお客様からいただいた相談事項などを分かりやすく情報発信致します。


テーマ:

消費税軽減税率は8%か10%か

2019年の10月から消費税が10%増税される事になっていますね。

 

あなたもご損時でしょうか?

軽減税率という増税しても一部特別枠として消費税の8%が適用されるという例外があるのを。

 

今回はその中でもコンビニ業界が持ち帰りではなく、実際に購入してイートインスペースで食べていくという時の方針を発表しました。

 

コンビニ業界も最近は24時間営業で責められたり、国の施策にも振り回されて可哀想にというところはありますね

この際軽減税率無しで消費税は一律10%増税でいいんじゃないの?

もうほぼほぼ決まった施策ですからくつがえせないでしょうが。

なんでこんな軽減税率とかいう面倒なのを入れたのかと。

 

いや、分かってますよ。

業界各種のロビー活動による恩恵。

 

新聞とか入っているのめっちゃ謎ですからね。

だから新聞の情報は鵜呑みにしてはいけませんからね。

 

それにしても税金関係に深く携わっている身としては

軽減税率はただただ面倒ぃ~としか思えません。

 

軽減税率というのはそれほど意味のない取引を優遇するから納得いかないんですよね。

 

一律で10%だったら数字的にも超絶キレイだし暗算もしやすい。

 

だったらお金関係する商売全般の作業効率もいくらか上がるんじゃないでしょうか?

そしたら全人口のストレス下がりそうだけど(笑)

お客さんがコンビニ店員に自己申告する!?

という事で本題に。

具体的にこんな記事が出ていましたよっと。

 

「店内か持ち帰りか、自己申告で変わるコンビニの消費税率 ポスター掲示で促す」 

ヤフーヘッドラインの毎日新聞の記事より

 

今回の軽減税率の一つが飲食するケースでの軽減税率。

  • 商品を購入して店内で飲食した場合→10%
  • テイクアウト、お持ち帰りで商品を食べる場合→8%

コンビニのイートインの場合も前者に該当して軽減税率の適用はなし。

消費税10%が適用されるというワケです。

店内の「イートイン」コーナーで飲食する場合(同10%)との区別の仕方について、店内飲食の場合は客が会計時に自己申告するように明記したポスターを掲示。店員が個別の客の意思を確認することはせず、客からの申し出がなければ、「持ち帰り」と見なして、税率8%を適用する方向だ。

いや~この方針危うくないですか!?

 

お客さんたちが自分でわざわざ高い消費税率になるように申告しますかね~?

 

ちなみにもし「会計時にイートインで食べると申告せずに購入→実はイートインでした」というパターンでも特に罰則はもうけないとも書かれていました。

 

う~んだったらなおさら自己申告なんてしないよなぁと。

わずか数円~数百円でも人は損するのを嫌がりますし私も嫌です(笑)

 

性善説で運用するのは良いけれど、正直なところほとんど申告されないんじゃないかなぁ…。

 

アルバイトの店員としても罰則はもうけないと書かれていれば、わざわざ忠告してお客さんとトラブルに巻き込まれるようなこともしないと思いますね。

最後に

軽減税率を立法した側にこれだけは言わせてもらいたい。

 

最終的な運用を消費者たちに押し付けるな!!

 

あぁ軽減税率が撤回されないかなと願うばかりです。

Ameba人気のブログ