すべて、あなたが受け取ることになるんだよ | youのお腹一杯の美容室経営ブログ

youのお腹一杯の美容室経営ブログ

有限会社小島ヘアープロジェクト 代表取締役
美容師の仕事改善アドバイザー
小さなサロンの志幸塾 主宰
20年間のサロン経営で得たノウハウを基に、初級経営者向け独自メソッド用い、
ママ美容師が楽しく働ける職場作りの専門家



緊急事態宣言の中、行動が制約されてしまいますね。


真面目な人ほど、ストレスが溜まる。


先月、当サロンのニュースレターに載せた一文を紹介しますね。


ちょっと背筋が涼しくなる法音寺のお坊さんの説法より。




🍧☀️🍧⚡️🍧☀️🍧⚡️🍧☀️🍧⚡️🍧




あるところに、お釈迦様が多くの人たちから尊敬される姿を見て、ひがんでいる男がいました。


「どうして、あんな男がみんなの尊敬を集めるのだ。いまいましい」


そこで、男は散歩のルートで待ち伏せして、群集の中で口汚くお釈迦様をののしってやることにしました。


「お釈迦の野郎、きっと、おれに悪口を言われたら、汚い言葉で言い返してくるだろう。その様子を人々が見たら、あいつの人気なんて、アッという間に崩れるに違いない」



そして、その日が来ました。


男は、お釈迦様の前に立ちはだかって、ひどい言葉を投げかけます。


お釈迦様は、ただ黙って、その男の言葉を聞いておられました。


弟子たちはくやしい気持ちで、「あんなひどいことを言わせておいていいのですか?」とお釈迦様にたずねました。


それでも、お釈迦様は一言も言い返すことなく、黙ってその男の悪態を聞いていました。



男は、一方的にお釈迦様の悪口を言い続けて疲れたのか、しばらく後、その場にへたりこんでしまいました。


どんな悪口を言っても、お釈迦様は一言も言い返さないので、なんだか虚しくなってしまったのです。


その様子を見て、お釈迦様は、静かにその男にたずねました。



「もし他人に贈り物をしようとして、その相手が受け取らなかった時、その贈り物は一体誰のものだろうか」



こう聞かれた男は、突っぱねるように言いました。



「そりゃ、言うまでもない。相手が受け取らなかったら贈ろうとした者のものだろう。わかりきったことを聞くな」



男はそう答えてからすぐに、「あっ」と気づきました。
お釈迦様は静かにこう続けられました。


「そうだよ。今、あなたは私のことをひどくののしった。


でも、私はそのののしりを少しも受け取らなかった。


だから、あなたが言ったことはすべて、あなたが受け取ることになるんだよ」