状況は常に変化する。しかし、大切なのは、あなた自身を信じる事 | youのお腹一杯の美容室経営ブログ

youのお腹一杯の美容室経営ブログ

有限会社小島ヘアープロジェクト 代表取締役
美容師の仕事改善アドバイザー
小さなサロンの志幸塾 主宰
20年間のサロン経営で得たノウハウを基に、初級経営者向け独自メソッド用い、
ママ美容師が楽しく働ける職場作りの専門家

状況は常に変化する。しかし、大切なのは、あなた自身を信じる事




私がサロンを開業して、皆が「幸せ」になる為の第一歩として、「雇用」があった。



なぜ「雇用」が第一歩かって?


簡単です。


雇用しなければ、私が幸せになるだけだからです。

ひとりで、ひと家族で幸せになるだけだからです。


「幸せになる為のサロン」

「幸せにする為のサロン」


このテーマは、サロンを始めるにあたり私が掲げたテーマでもあり、目的でもあり、使命であった訳だ。


ただ、そこには、なんの脈略もなく、なんの実力もなく、知識もなく、ただただ、自信だけがあったに過ぎないのです。




例えば、お客様に喜んでもらいたい、笑顔が見たい、と言うのもある。


そして、私の周りの人達が幸せと感じられるような生き方をしたい。


更に、私を信じて付いてきた奥さんや子供達にも幸せを感じて貰いたい。


そんな旅立ちだった。



独立開業。


ただそれだけがテーマであったなら、今頃私は、毎日数名のお客様をカットして、毎日同じルーティンを繰り返していた個人商店の店主だっただろう。


そもそものスタートが違っていたんだろう。



あなたとは、たぶん一生のお付き合いになります



今まで、おそらく25年間の経営生活で、100人位雇いました。


その中で、こんなセリフを面接で言った事がありました。


「あなたとは、たぶん一生のお付き合いになります」
最初に雇う事になったスタッフに言った言葉だ。


私は、多店舗構想や法人化など当時は、考えていなかった。

一時、多店舗化は、考えたが、そもそも私の目的には、あまり関係がない話でもあった。


周りの人達が増え過ぎちゃうからね。


私の器量からじゃ、直接は、10人程度かなとも思っいたし、枝分かれしてピラミッド形なんてのもありかもしれないが、やはり直接は、10人がいいとこだろう。


サロンが繁盛して、奥さんと2人営業。


毎日、15名以上お断りをする異常事態に陥った。


そこで、手も欲しいし、何より忙し過ぎて、家族がグダグダになっていたので、スタッフ募集した。


最初に来たスタッフの今まで生きて来た軌跡を聞き、直感と言うかピンと来て、


「あなたは、姉御肌だからいつも先頭に立ってたでしょ?」と。本人も納得していた。


そして、更にピンと来て、


「あなたとは、たぶん一生のお付き合いになります」と口に出していました。


ただ、そんな気がしました。


人生なんて長くない。


知り合う人達もせいぜい1万人位かな⁈


身近でずーっとお付き合いする人なんて、恐らく数名位だろうと。

その1人を決めた瞬間とも言えよう。


直感って、面白いですよ。

なんの曇りもなくスカッと思ったインスピレーションは、本物です。


信じると言うよりも、不思議とそうなるしかない不思議な出会いや出来事ってあるのだと言う事です。



さて、あなたは、自分の人生の道を信じてますか?