人間の転生の証明と記録 | 『 真理は自然の中に在り 』

『 精神エネルギー 』

~ Spiritual Energy ~
政木和三

 

 

精神エネルギー00

 

第三章 肉体と生命体

 

 

◎ 人間の転生の証明と記録

 

 

 

 生命は生命より生まれるものであることが定義されて、初めて生物学が確立されたように、生命は水たまりから湧き出すものではなく、生あるものからつぎの生命は生じた。

 私は以前はとかの存在を否定し、精神力等は考えたこともなかった。

 物理的に測定した結果のあるものは実在し、測定不可能な現象は存在しないものだと断定していた。

 そして、のお告げと称される種々の神秘的な言葉も、本人の幻覚または幻聴によって話したものぐらいに思っていた。

 しかし数年前に、T・S先生を知るにいたって、物理的には証明できない別次元の現象が起きる事実を知り、自分が常識で判断できないことを、独断的に非科学的であると思っていた浅はかさに対して、深い恥ずかしさを感じた。

 それ以降、他人がまじめに語ることを、否定の気持ちで聞かず、いちおう肯定し、自分の中でよく吟味してから、その良否を決めるように気をつけるようになってきた。

 このように、自分自身の判断力の基準が変わってから、神秘の扉はどんどん開けてゆくようになっていた。

 昭和五十四年四月、A社の社員研修所が鹿児島に設けられたのを見に行くことになった。

 二日目にその海岸を散歩するうち、石造りの遺跡を発見した。

 相当古い時代の住居らしく、石器で泥岩を平面に削りとった跡があり、その前方には石段と祭壇らしきものがあった。

 正面には直径二メートルと三メートルぐらいの二重の同心円が描かれている。

 また壁面には、半月が鮮明に残されていた。

 岩石の風化作用によって、自然に造られたものであれば、このような幾何学的な図形が残るはずもない。

 人工的なものであることは、その真円によって証明されるであろう。

 しかし相当に古いものらしく、地盤の変化によって、住居らしいものや祭壇も傾き、見る影もなくなっていた。

 この住居と祭壇は、いつごろ造られたものであろうかと考えているうちに、
政木フーチパターンによって測定したい気持ちになった。

 マグネット製のペンジュラムを右手の人差指と親指ではさみ、精神統一すること数十秒、やがて振り子は白色に光り輝き、運動を開始した。

 私の質問に対してペンジュラムは、この祭壇は二千年から二千三百年前のものであり、その当時の領主は、いまここにいるA社長の前々世であると知らされた。

 A社長は、数年前に船で鹿児島に向かう途中、船中から眺め、何かひかれるものがあって、この場所を老後の自分の住まいにすることに決め、土地の手配を部下に命じたそうである。

 自分が二千年も前に住んでいたところにひかれたのは肉体的な遺伝子のゆえか、生命体の記憶のゆえか、これは
現代科学では未知の領域のことであろう。

 六百五十年前のA社長であった仁礼
(にれ)頼仲は、新田義貞と親交があり、後醍醐(ごだいご)天皇を助けて共に戦い、後には畑時能(はたときよし)もそれに参加したしたことが史実によってわかった。

 さらにT・S先生によって、A社長は二千年前に鹿児島地方の王であったこともわかり、その名もシブと告げられた。

 私とA社長は顔を見合わせた。

 それはこんど遺跡の見つかった場所が志布志
(しぶし)であったからである。

 T・S先生の神示によって明らかにされた志布志町のA社長の前世の記録が、もしもあればとの希望によって、志布志町役場に郷土史を見せてほしいと願った。

 数日後に到着した郷土史には、A社長の六百五十年前の前世、仁礼頼仲に関する記事が二十ページにもわたり、明細に記録されていた。



『記録』-----

 町誌によれば、中央においては楠木正成
(くすのきまさしげ)、新田義貞、北畠顕家(あきいえ)の諸将を相次いで失い、延元四年(一三三九)には精神的支柱であった後醍醐天皇が崩御し、南朝方の勢力は次第に失われていたが、南九州では決定的な変化のないまま、両軍の戦闘は繰り返されていた。

 ところが貞和三年
(一三四七)のころになって、この地方に新しい局面が生じ始めた。

 楡井
(にれい)四郎頼仲の挙兵である。

 楡井氏は信濃源氏の後裔で、信濃国楡邑
(にれむら)の出身であると伝えられており、『鹿児島外史』

 
『楡井氏源頼義二弟(じてい)肥後守……中略……領信州楡井邑田為氏今仁礼鹿児島士族皆是裔也(このえいなり)

 とあるとおりである。

 ほかに、

 
『高橋中将の族仁礼(にれ)と云者(いうもの)志布志と云処(いうところ)に有り』(『群書類従』合戦之部八十四)

 
『源為国の流に二柳姓あり二柳を楡井と書き後仁礼と改めし』(『尊卑文脈』)

 
『仁礼氏は梅北、肝付、北原と同族なり』(『薩藩史談集』)

 等の異説があるが、いずれも出典が明らかでなく、文献上これを明確にすることはできない。

 ただ、

 
『爰(ここ)にしなの源氏に楡井頼長(仲)・畠山礼部・肝付八郎兼重、此三人三ヶ国を争し』(『山田聖栄自記』)

 とあり、当時より信濃源氏と称していたことは間違いないようである。

 この楡井氏が後年、仁礼の姓に変わったと同じように、信濃における楡邑が現在、仁礼
(長野県上高井郡高村仁礼)とよばれているのは興味あるところである。

 南北朝前期の楡井氏を中心とする年表では、正平十二年
(一三五七)までに三度挙兵し、松尾城落城により自ら創建した大慈寺に入って割腹したとみられている。

 同寺開山堂には楡井頼仲の位牌が残され、その前面にはつぎのように、法名、年月、後面には頼仲の辞世と偈頌
(げじゅ)が記されてあった。

 
大事因縁 五十七年 遊戯自在 劒樹刀山

 『こしかたも又行く末も此年の 此月のけふ只今にあり』


 辞世にあるように頼仲五十七年の一生は、当時の諸豪族の行動と少なからず趣の違う点がある。

 南北朝争乱期における地方の武将たちの行動には、前提として自身の領主権の確保と領地の拡張があり、一族の興隆を目的としている。

 しかし頼仲の場合は、南朝方として加担したものであり、同じように三度挙兵し三度とも敗れている。

 しかも三度目は孤軍死地に赴くような戦闘であり、結果として一族の滅亡があった。

 頼仲は先に述べたように大慈寺
(志布志町の文化中心であった)の開基となっているが、開山として玉山玄提を招き、さらに正平三年には住職として剛中玄柔を招いている。

 玉山、剛中は共に日本名僧伝にあげられる高僧であり、その一事だけでも単なる武将ではなく、知識人としての半面が推察される。

 頼仲は昭和三年、正五位を贈位されており、同寺宝池庵の跡に小さな五輪の墓塔が今も残っている。
(以上、『志布志町誌』による)

 昭和五十五年の年末も迫ったころ、私が京都の仁和(にんな)寺で講和したことを聞き知ったA社長は、

 
『私の最も近い前世は、明和七年(一七七〇)に没した転法輪寺の関通上人であったとT・S先生に告げられた』

 と、言われた。

 T・S先生は、つぎのように
された。


 
関通 ----- (一六九六~一七七〇)

 江戸中期の僧侶(浄土宗)で尾張の人。

 字は無礙(むげ)、号は雲介。

 捨世派の僧祐天に師事し、享保十年(一七五二)から諸国を巡り、四十八年間に十六寺を開き、千五百余の僧尼を得度させたという。

 京都北野の転法輪寺に寂した。

 著書は三十一部八十余巻。



 そこでA社長は私に、

 
『仁和寺の方に、転法輪寺がどこにあるか聞いてほしい、そして私をその寺へ案内してほしい』

 と電話してきたのである。

 お寺へ連絡すると、仁和寺のすぐ近くにその寺があることがわかり、さっそく私たちは十二月二十二日に訪問した。

 A社長をはじめ私たち一行が転法輪寺の前に立ったとき、一同はびっくりした。

 寺名の石碑の最上段に、
『関通』の二文字が大きく書かれてあったのである。

 そして、そのかたわらの木札には、北野にあった当寺を、昭和四年にこの地に移転したと記されてあった。

 また住職のご案内で、関通上人の像を見せてもらったとき、またびっくりした。その像がA社長と似ていたためである。

 A社長の六百五十年前は、戦いに敗れ、九州の志布志で切腹しているが、人間の最大の罪は自殺である。

 自分の意志に反して切腹に追い込まれたものの、その償いをしなくてはならない。

 その償いのため、次世は僧侶となり、多くの人々に精神のやすらぎを与えている。

 二百八十年前の前世においては、その償いが完全であったために、今世は社長となっている。

 A社長は、現在は東京に住んでいるが、京都が好きでよく京都へ泊りにくる。

 そして、京都のお菓子や、若狭のカレイを買いにゆく。

 これも二百八十年前の前世と同じことを無意識のうちにやっているものであろう。

 前世の記憶が、潜在意識の深部に残っており、前世の土地がなつかしく、そして好みも昔と同じであるらしい。

 現在、A社長の周辺には、特に仲のよい友人が七人いるが、これらの人々は、すべて前世において深いつながりのあった人たちである。

 しかし、それぞれの住まいは遠くに離れている。

 不思議な縁によって知り合った人たちは、親族以上のつき合いをしている。

 心の友とでもいうべきである。

 
人々は、友人として一生を仲よくしなければならないし、絶対に仲たがいをしてはならない。

 次世にも同じことが起きるからである。  

 

 


初版発行:一九八七年六月二五日
重版発行:一九九三年
著者:政木和三
発行人:赤尾文夫
編集人:新井政義
発行所:株式会社 旺文社
    東京都新宿区横寺町五五
    〇三-三二六六-六三七二(編集)
    〇三-三二六六-六四一四(販売)
印刷:日新印刷㈱
製本:有限会社 市川第二製本所
©1987,Kazumi Masaki
Printed in Japan(303035)
ISBN 4-01-071062-4

 

 

 

 政木先生とのご縁の始まりは、
昭和五年生まれの私の実父が小学生時代の頃より電気のイロハを教わり、
(実際に、電気ギター制作等々、様々な電気技術のご教授を、家族ぐるみのご近所付き合いの中で個人的に無償で賜ったそうです)
その後、御晩年には、政木先生の素晴らしいご発明品の集大成のひとつとして
“世のため、人々のため”に御余生をかけ陰徳にご尽力なさいました
超強力 神経波磁力線発生器
(改名機器、インパルス磁力線、そして、Mリング。すべての御販売は㈲政木研究所、㈲ケントにて)
の製造に至るまで、数々のお仕事をお世話頂き、
政木先生がお亡くなりになる最後の最後まで、私も含め家族ぐるみのお付き合いを賜わり、
今も尚、心の底よりとても尊敬し、感謝している恩師・師匠です。

 

 

 政木和三先生の廃刊御著書

 

『精神エネルギー』

~ Spiritual Energy ~

 

を現状のブログデザインに合わせて

再び掲載させて頂きます。

 

 

 

 政木先生の御教えである

『目先の欲望を捨て去り、世のため、人々のために尽力せよ!』

との仰せを引き続き継承するため、

今後も少しずつではありますが、

何度も何度も繰り返す、日々の心の学びの礎として、

政木先生の御教えのすべてをこれからも紹介させて頂きますので、

皆様には引き続きのお付き合いの程、

何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

深謝

m(__)m

 

 

 

 

 

貴方の潜在意識を高めるお役に立てましたか?
 
“にほんブログ村” 応援クリックをお願い申し上げます!m(_ _)m   
アップ応援クリックのご協力をお願い致しますアップ

 

 

 

 

 

 

 

脳波を下げるアプリを無料でプレゼントします!

こちら、アンドロイド、iPhone、iPad、iPod系携帯端末(iOS10迄は作動しますが、iOS11以降は作動しません)、各種タブレットにてインターネット契約済みの方にのみ対象となる簡易機能タイプとなります。

 

恩師であり

天才発明家であった

故人“政木和三”先生の開発品が

アンドロイドとiPhone携帯の対応となりますが

アプリケーションとして新たに生まれ変わりました!!

 

これは、ヘッドホンの左右より異なったビート音を聴く事で

通常18ヘルツ前後のベータ波状態となっている脳波を

アルファ波からシータ波へと下げてゆく補助をしてくれます。

以前は3万円前後で販売されていた機器でしたが、

今回はアンドロイド携帯電話とiPhone携帯電話

の専用アプリケーションとなっています。

 

『目先の欲望を捨て、世のため、人のために幸福を与えよ!』

と常々申されていた先生の教えを忠実に守っています。

“何だか怪しいんぢゃぁ~ない?”といった類のモノではなく

一切裏のない純粋潔癖な“完全無料”のβ版ですので

安心してお気軽にダウンロード頂き、ご活用くださいませ!!

(但し、有料版はより安定した機能でご使用頂けます。)

 

 

『欲望を捨て、脳波がシータ波になれば、不可能が可能になる!』
活用効果例:勉強時の集中力・記憶力の向上、睡眠時の安らぎ、瞑想時に、単純にリラックスしたい時等々。。。
 
提供J-DATA Co.,Ltd.

 

以下、参考資料として私のブログからの抜粋記事です↓

シータ波になると生命体エネルギーが飛び出る

誰でもシータ波になれる驚異の頭脳システム 】

脳波をシータ波にして超発想を生むパラメモリー

ご紹介無料アプリによって、ご利用頂いた方々のお役に立てたのであれば大変嬉しく思います。

 

≪使用上のご注意≫
人によっては、
ごく稀に頭痛や船酔いのような感じになる場合もあります。
その他を含め、
万が一お身体に支障、悪影響となるような症状が出た際は
ただちにご使用を中止してください。
聞いていると眠くなる場合もありますので、
自動車などの運転中には聞かないでください。
大人の方向けですので、
10歳以下の子供さんには、使用しない(聞かせない)でください。
当社はご使用に関する一切の責任を負いませんので
ご了承願います。

 

 

 

 

 

 

 

脳波を下げる専用機器が新登場!!

Simpleシンプル瞑想

Simpleシンプル集中
ご用命の際は以下のサイトへ直接お問い合わせください。

 

 

提供株式会社 セルパワー

 

≪使用上のご注意≫
人によっては、
ごく稀に頭痛や船酔いのような感じになる場合もあります。
その他を含め、
万が一お身体に支障、悪影響となるような症状が出た際は
ただちにご使用を中止してください。
聞いていると眠くなる場合もありますので、
自動車などの運転中には聞かないでください。
大人の方向けですので、
10歳以下の子供さんには、使用しない(聞かせない)でください。
また、当社は
上記販売、ご使用に関する一切の責任を負いませんので
ご了承願います。

 

 

 

 

 

 

 

政木式完全オリジナル

『 強力磁力線発生装置試作キット 』

(特許第3510016号)

が自然科学の実験用として新たに開発されました!

ご用命の際は以下のサイトへ直接お問い合わせください。

 

 

提供京都部品

 

≪ご注意≫

当社は営利を目的とした掲載をしていません。

単に本物情報を無償でご紹介しているのみであります。

ゆえに

上記販売、ご使用に関する一切の責任を負いませんので

ご了承願います。

 

 

 

 

 

 

 

細胞力を保ち健康を維持!!

『 セルパワー 』

(特許第3510016号)

が全世界に向け健康機器として新たに開発されました!

(注意:医療用機器ではありません)

ご用命の際は以下のサイトへ直接お問い合わせください。

 

 

提供株式会社 セルパワー

 

≪ご注意≫

当社は営利を目的とした掲載をしていません。

単に本物情報を無償でご紹介しているのみであります。

ゆえに

上記販売、ご使用に関する一切の責任を負いませんので

ご了承願います。

 

 

 

 

 

 

 

ユーザーのための情報共有感想集!

『 セルパワー ファン 』

(利用者による運営)

のホームページが新たに開設されました!!

(注意:株式会社セルパワー様の運営ではありません)

機器のご用命・お問い合わせは

株式会社セルパワー様へ直接お問い合わせください。

提供セルパワー ファンサイト

 

≪ご注意≫

当社は営利を目的とした掲載をしていません。

単に本物情報を無償でご紹介しているのみであります。

ゆえに

上記販売、ご使用に関する一切の責任を負いませんので

ご了承願います。

 

 

 

 

 

 

 

●インタビュー動画『トップの言霊』

株式会社セルパワー 代表者が語るセルパワー誕生秘話。

≪ショートバージョン≫

提供株式会社 セルパワー

 

●インタビュー動画『創人』

株式会社セルパワー 代表者が語るセルパワー誕生秘話。

≪ロングバージョン≫

提供株式会社 セルパワー

 

 


株式会社 セルパワー

~ 法律に消された発明品 ~

 

≪ご注意≫

当社は営利を目的とした掲載をしていません。

単に本物情報を無償でご紹介しているのみであります。

ゆえに

上記販売、ご使用に関する一切の責任を負いませんので

ご了承願います。

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
ふくろう