宗教と信仰と経文 | 『 真理は自然の中に在り 』

『 精神エネルギー 』

~ Spiritual Energy ~
政木和三

 

 

精神エネルギー00

 

第三章 肉体と生命体

 

 

◎ 宗教と信仰と経文

 

 

 

 最近は宗教による争いが各地各国に多く発生し、血みどろな戦争にまで進展しているところもある。

 
宗教は、人々を救い、人々に精神的な幸福を与えるはずのものであるのに、善人たちを戦争の苦難の道に追い込み、大衆を不幸のどん底におとしいれている。

 その原因は何であろうか。

 ゴーダマ・ブッタ
(釈迦)、モーゼ、モハメット、そしてイエス・キリストも高次元の世界においては同一のか、あるいはその分身のといえる。

 
その分身が自分の興した宗教を攻撃せよと教えるはずがない。

 それでは、現在の争いは何に起因するのだろうか。

 それらは、
現在の宗教家の、自己の利益、自己の権益、さらには動物的欲望である。

 イエスも釈迦もモーゼもモハメッドも無限の愛と光を持つ絶対の指令により、その時代、その社会情勢に合った教えを人民に与えるために、人間の姿となって天上界から降臨したものである。

 そう考えれば、
宗教の対立などあり得ないことである。

 の教えを代行すべき現在の指導者は、もう一度昔に帰って、
の真の教えの何であるかを研究する必要があるのではないだろうか。

 そして、
全宗教が仲よく歩調を合わせ、世界全人類の幸福のために尽くさねばならない

 T・S先生が、に対して、神様はどんな方ですか、そして、そのお名前を教えてくださいとお願いしたとき、

 
とは、姿、形なく、のごとく平等に慈愛を無償で与えるもので、精神のある光のようなものである。

 名もないが、しいて名前が必要であれば、「無上根本大聖尊」とでもしなさい』


 との教えがあった。

 その絶対ののもとにある天使が、人の世を救う姿として現われたのが、釈迦でありキリストである。

 仏教もキリスト教も神道も、すべて同じの意志によって興されたものであり、その精神の基本とするところは同一のものであるはずである。

 
どの宗教においても、根本は人間の幸福と平和である。

 それが千年、二千年とたつにしたがって、その職にたずさわる人間が、自己の利益のために他の宗教を誹謗(ひぼう)することになった。

 同門の宗教においても、みにくい争いをくり返しているが、その管理者は、宗教が何であるかを忘れ去り、営利事業と考えているのであれば、宗教株式会社を設立し、製品等によって社会に利益を還元しつつ、自分ももうければよい。

 自分は働かずに、信者の供物によって安穏な生活をむさぼり、内部で争いをするとは、常人よりも精神面は下劣である。

 このような心掛けの宗教家に導かれる人は、また我欲におぼれるようになる。

 救われたいと願っての信仰が、悩みの種にもなりかねないものとなる。



お経とは-----

 宗教には必ずといってよいほどお経がある。

 お経をあげないと仏様に申しわけないと思って、忙しい時間を割
(さ)き、気持ちはいらいらしながらも、読経している人を見かける。

 お経とは何であろう。

 人間の作文は詩とか歌になるが、お経は、神示等によって作られたの言葉である。

 が造ったお経をの前で唱えて何の意味があるのだろうか。

 は経文を授けるとき、その意味をよく理解し、実践せよと教えられたはずである。

 お経は教訓として、自分の心の中に焼きつけるために読むものではなかろうか。

 中には例外として、般若心経
(はんにゃしんぎょう)のように、古代インド語を漢文で表現し、意味のわからぬようにしたお経もある。

 神道の大祓詞は、それを無心に唱えることによって無我の境地に入ることもできるが、一般の経文はその意味を悟ることが主体となっている。

 お経は唱えるものではなく、自分がよく理解し、その精神を実践に移すようにしなくてはならないものである。

 また、仏前神前にぬかずかないと神仏に心が通じないように思う人も多いが、は人間の心を見透
(みとお)しであり、手を合わせて神前に頭を下げなくても、遠くから心の中で手を合わせることによって、心は神仏に通ずるものである。

 
は自分の心の中にある』

 形式にとらわれず、心のあり方の問題であることを自覚すべきである。

 最近は新興宗教なるものが各地に発生しているが、その教祖様は、予言、透視、治病等、不思議な力を持つが、それらがすべて善のの力だと思うことは早計である。

 政木フーチパターンにより測定すると、ある種の教祖は確かに大きなエネルギーを持ってはいるが、それは動物的な力であって、物欲と自我本能の精神の持主でもある。

 これらの教祖は、信者に対して金銭物資の奉納を強要し、それを断れば、神罰を下すと脅すために、弱い信者は仕方なく、泣く泣くそのとおりに供物を続けている。

 
真の善神は、人間を幸福にさせようとはするが、罰は絶対に与えないものである。

 物を強要することは、虎の威を借りる何とかのように、自分のよこしまな霊感を悪用し、の意志のように見せかけた私利私欲の発露であるから、信者はおそれることなくそのような教祖とは決別すべきである。

 
善神の指導により、真に人を導く教祖様とは、悩める人に喜びを、貧しい人には惜しみなく物資を与えるものである。


とは-----

 ある小学校の先生が

 

 私は奇跡を見た

 

 の本を読んで、

 
があるように書いてあるが、とはどんなもので、どこにいますか』

 と私のところへ聞きに来た。

 私も五年前までは、
とかとかは観念上のもので、実在しないと思っていたが、T・S先生を知ってから、お酒の湧出真珠の発生、そして仏像の出現等、物理的にはあり得ない奇跡が続出した。

 科学的に説明できなくても、奇跡は現実にこの世の中に起きた。

 それが自然の現象でもなければ人間の力でもないとすれば、奇跡は誰が起こしたのか。

 そのわからない誰かのことを

 

 

 

 と仮に名づけてもよいのではないだろうか。

 とは、定まった形もなく、名もないものである。

 心を持つのようなものだから、形がほしければ、自分で決めればそれがである。

 名もないが、ほしければ、自分で名をつければよいのである。



の儀----

 昭和五十六年の暮も迫った冬至の日に、岡山の林原生物化学研究所の地鎮祭が行なわれた。

 参列者がテント内の式場に集合を終わり、最後に白装束の黒住
(くろずみ)教の第六代黒住宗晴教主らがうやうやしく入場し、司会者の言葉によって式典が開始された。

 黒住教主が
のりとをあげた瞬間、私の胸に、ズシーンと、あるショックが発生した。

 この全身に響く衝撃は、それまで感じることのできなかったもので、の存在を示す特殊なショックであった。

 私の背後に、昭和五十五年一月初めに、
八幡菩薩

 

 『政木の守護神となる』

 

 との神示によって降臨されてから、私自身に今までになかった感覚がひとつ増したものである。

 それは、神社や、仏閣に詣でて手を合わせた瞬間に、胸にズシーンとくる感じのものである。

 小さなお宮やお寺で手を合わせた瞬間にもそれを感じるが、大きな神社でも、それを感じないところもある。

 今まで、地鎮祭のようなものは儀礼的なものであって、ただ形式的に行なうものだとばかり思っていたが、この日、その会場に実際にの降臨があったことを身をもって知ったわけである。

 私はそのとき、ショックを受け、感激とともに、眼を閉じた。

 しかし、眼をつむった瞬間に、開いているときよりも明るい黄金色が、眼の中いっぱいに広がった。

 不思議に思って、再び眼を開くと、テントの中はそんなに明るくはなく、むしろ眼を閉じたときよりも暗い。

 また眼を閉じると、前と同じように、非常に明るく輝やく黄金色であった。

 このの存在を示すものであろうか。

 式典の終了後、林原社長にそのことを伝えると、社長は

 
『私もその瞬間に、黒住教主が二倍にも、三倍にも大きくなったことを見ました。

 はほんとうに降臨されたのですね』


 と、当りまえのように言われた。

 生を受けて以来、六十有余年にして、初めて体験した降神についての感じであった。

 もしこの儀式が、ただ礼儀的なものであり、形式的なものであったら、
降神の儀が二千年も三千年も続かなかったはずである。

 自分が体験して初めてそれを事実として認める気持ちになったが、今まではこのような不思議なことはあり得ないと思っていた。

 ……そして、そんなばかなことがあるものかと、真実を知らずに否定してきた。

 人の話にも、そんなばかなことがあるはずがないと、一笑に付していた自分のレベルの低さに、深い恥じらいの気持ちが湧き出してきた。

 自分のレベルが低いのはたなにあげて、理解できないことは世の中に存在しないと、勝手に決めていた自分の過去が非常に恥ずかしく、思い出すだけでも穴に入りたい気持である。

 最近、このような種々の体験をさせられ、の存在を明確に知ると同時に、とかというものの真の意義が少しばかりわかりかけてきたように思われる。


 とは精神を持った光のようなものであり、の存在を知り、信ずることができる気持ちになれば、それ以降は、神に依存心を持ってはいけないこと、神にお願いしてはいけないこと、ただ誠心をもって神に奉仕する気持ちがあれば、願わなくても、神は自分の希望の十倍も百倍もの力を与えてくれることを知ったわけである。

 宗教や宗旨の違いによるいさかい等はもってのほかのことであり、神道、仏教、あるいはキリスト教といっても、その基はただひとつの絶対神なのである。

 その時代、土地、人種等によって、それに合った教えをそれらの人々に合わせるように教えただけのことである、ということを知らなければならない。

 

 

 


初版発行:一九八七年六月二五日
重版発行:一九九三年
著者:政木和三
発行人:赤尾文夫
編集人:新井政義
発行所:株式会社 旺文社
    東京都新宿区横寺町五五
    〇三-三二六六-六三七二(編集)
    〇三-三二六六-六四一四(販売)
印刷:日新印刷㈱
製本:有限会社 市川第二製本所
©1987,Kazumi Masaki
Printed in Japan(303035)
ISBN 4-01-071062-4

 

 

 

 政木先生とのご縁の始まりは、
昭和五年生まれの私の実父が小学生時代の頃より電気のイロハを教わり、
(実際に、電気ギター制作等々、様々な電気技術のご教授を、家族ぐるみのご近所付き合いの中で個人的に無償で賜ったそうです)
その後、御晩年には、政木先生の素晴らしいご発明品の集大成のひとつとして
“世のため、人々のため”に御余生をかけ陰徳にご尽力なさいました
超強力 神経波磁力線発生器
(改名機器、インパルス磁力線、そして、Mリング。すべての御販売は㈲政木研究所、㈲ケントにて)
の製造に至るまで、数々のお仕事をお世話頂き、
政木先生がお亡くなりになる最後の最後まで、私も含め家族ぐるみのお付き合いを賜わり、
今も尚、心の底よりとても尊敬し、感謝している恩師・師匠です。

 

 

 政木和三先生の廃刊御著書

 

『精神エネルギー』

~ Spiritual Energy ~

 

を現状のブログデザインに合わせて

再び掲載させて頂きます。

 

 

 

 政木先生の御教えである

『目先の欲望を捨て去り、世のため、人々のために尽力せよ!』

との仰せを引き続き継承するため、

今後も少しずつではありますが、

何度も何度も繰り返す、日々の心の学びの礎として、

政木先生の御教えのすべてをこれからも紹介させて頂きますので、

皆様には引き続きのお付き合いの程、

何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

深謝

m(__)m

 

 

 

 

 

貴方の潜在意識を高めるお役に立てましたか?
 
“にほんブログ村” 応援クリックをお願い申し上げます!m(_ _)m   
アップ応援クリックのご協力をお願い致しますアップ

 

 

 

 

 

 

 

脳波を下げるアプリを無料でプレゼントします!

こちら、アンドロイド、iPhone、iPad、iPod系携帯端末(iOS10迄は作動しますが、iOS11以降は作動しません)、各種タブレットにてインターネット契約済みの方にのみ対象となる簡易機能タイプとなります。

 

恩師であり

天才発明家であった

故人“政木和三”先生の開発品が

アンドロイドとiPhone携帯の対応となりますが

アプリケーションとして新たに生まれ変わりました!!

 

これは、ヘッドホンの左右より異なったビート音を聴く事で

通常18ヘルツ前後のベータ波状態となっている脳波を

アルファ波からシータ波へと下げてゆく補助をしてくれます。

以前は3万円前後で販売されていた機器でしたが、

今回はアンドロイド携帯電話とiPhone携帯電話

の専用アプリケーションとなっています。

 

『目先の欲望を捨て、世のため、人のために幸福を与えよ!』

と常々申されていた先生の教えを忠実に守っています。

“何だか怪しいんぢゃぁ~ない?”といった類のモノではなく

一切裏のない純粋潔癖な“完全無料”のβ版ですので

安心してお気軽にダウンロード頂き、ご活用くださいませ!!

(但し、有料版はより安定した機能でご使用頂けます。)

 

 

『欲望を捨て、脳波がシータ波になれば、不可能が可能になる!』
活用効果例:勉強時の集中力・記憶力の向上、睡眠時の安らぎ、瞑想時に、単純にリラックスしたい時等々。。。
 
提供J-DATA Co.,Ltd.

 

以下、参考資料として私のブログからの抜粋記事です↓

シータ波になると生命体エネルギーが飛び出る

誰でもシータ波になれる驚異の頭脳システム 】

脳波をシータ波にして超発想を生むパラメモリー

ご紹介無料アプリによって、ご利用頂いた方々のお役に立てたのであれば大変嬉しく思います。

 

≪使用上のご注意≫
人によっては、
ごく稀に頭痛や船酔いのような感じになる場合もあります。
その他を含め、
万が一お身体に支障、悪影響となるような症状が出た際は
ただちにご使用を中止してください。
聞いていると眠くなる場合もありますので、
自動車などの運転中には聞かないでください。
大人の方向けですので、
10歳以下の子供さんには、使用しない(聞かせない)でください。
当社はご使用に関する一切の責任を負いませんので
ご了承願います。

 

 

 

 

 

 

 

脳波を下げる専用機器が新登場!!

Simpleシンプル瞑想

Simpleシンプル集中
ご用命の際は以下のサイトへ直接お問い合わせください。

 

 

提供株式会社 セルパワー

 

≪使用上のご注意≫
人によっては、
ごく稀に頭痛や船酔いのような感じになる場合もあります。
その他を含め、
万が一お身体に支障、悪影響となるような症状が出た際は
ただちにご使用を中止してください。
聞いていると眠くなる場合もありますので、
自動車などの運転中には聞かないでください。
大人の方向けですので、
10歳以下の子供さんには、使用しない(聞かせない)でください。
また、当社は
上記販売、ご使用に関する一切の責任を負いませんので
ご了承願います。

 

 

 

 

 

 

 

政木式完全オリジナル

『 強力磁力線発生装置試作キット 』

(特許第3510016号)

が自然科学の実験用として新たに開発されました!

ご用命の際は以下のサイトへ直接お問い合わせください。

 

 

提供京都部品

 

≪ご注意≫

当社は営利を目的とした掲載をしていません。

単に本物情報を無償でご紹介しているのみであります。

ゆえに

上記販売、ご使用に関する一切の責任を負いませんので

ご了承願います。

 

 

 

 

 

 

 

細胞力を保ち健康を維持!!

『 セルパワー 』

(特許第3510016号)

が全世界に向け健康機器として新たに開発されました!

(注意:医療用機器ではありません)

ご用命の際は以下のサイトへ直接お問い合わせください。

 

 

提供株式会社 セルパワー

 

≪ご注意≫

当社は営利を目的とした掲載をしていません。

単に本物情報を無償でご紹介しているのみであります。

ゆえに

上記販売、ご使用に関する一切の責任を負いませんので

ご了承願います。

 

 

 

 

 

 

 

ユーザーのための情報共有感想集!

『 セルパワー ファン 』

(利用者による運営)

のホームページが新たに開設されました!!

(注意:株式会社セルパワー様の運営ではありません)

機器のご用命・お問い合わせは

株式会社セルパワー様へ直接お問い合わせください。

提供セルパワー ファンサイト

 

≪ご注意≫

当社は営利を目的とした掲載をしていません。

単に本物情報を無償でご紹介しているのみであります。

ゆえに

上記販売、ご使用に関する一切の責任を負いませんので

ご了承願います。

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
ふくろう