こんにちは。小泉進次郎です。

 

オリンピック 10mシンクロ高飛込みで金メダルを獲得したイギリスのトーマス・デイリー選手が東京の水道水が飲めることを発信してくれています(私はロンドン滞在中にテレビで金メダル獲得の瞬間を見ていました)。

 

 

日本では当たり前の「飲める水道水」は世界では珍しいこと。本来、ペットボトルのミネラルウォーターを日常で買う必要はなく、コストも圧倒的に水道水が安いです。安くて、美味しくて、環境にいいのが、水道水の利用です。

 

先日、東京の昭島市に行きましたが、昭島市は都内で唯一の100%地下水。つまり、昭島市は蛇口からミネラルウォーターが出るということです。

 

この機会に水道水が見直されると結果的にプラスチックの利用も減り、脱炭素にも繋がりますね。

 

デイリー選手、改めて、金メダルおめでとうございました!