こんにちは。小泉進次郎です。

 

朝日新聞の「論座」にインタビュー記事が掲載されました。私が厚生労働部会長としてまとめた社会保障改革ビジョンを二人の自民党の大先輩と語った珍しい企画です。

 

1回目は、自民党の社会保障制度調査会長、鴨下一郎議員との対談です。

 

鴨下先生のお話で印象的だったのは、今回のビジョンで唱えている「リバランス」のくだりです。

――リバランスは「第3の道」と書かれています。給付削減という第1の道、負担の拡大という第2の道より、この先は優先していく発想ですか。
鴨下先生:「負担を上げさせてください」という話が簡単にできればいいのでしょうが、消費税を上げるとなれば、経済が腰折れしないか、消費マインドは冷え込まないかも考えなければならない。必ずしも取り得る選択肢になりません。給付を制限すれば、年金生活の方々は直接打撃を受けます。いまの⺠主主義はリアルタイム。問題意識をSNSで共有する時代ですから、画一的に進める手法そのものが オールドファッションですよ。国⺠みなが情報を共有して、自分たちの価値観で社会保障を選び、トータルで全体の適正 化につなげていく。

 

インタビュー記事はこちら。

https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019060600005.html

 

2回目は元厚生労働大臣、田村憲久議員との対談です。(6/9(日)に公開予定です)

 

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

その他の情報はこちらからご覧ください。

■オフィシャルサイト:http://shinjiro.info/

■Facebookページ:

https://www.facebook.com/shinjiro.koizumi

■TEAM 202X 活動記録サイト:https://202x.jp/