『早稲田大学で講演』

テーマ:
早稲田

こんばんは。小泉進次郎です。


今日は午前中、「選択する未来」委員会に出席した後、党本部で、自民党北海道連の政治学校である「HOKKAIDO政治塾」でお話しさせていただきました。20代から70代まで幅広い年代の皆さんと、復興や日本経済、北海道の現状について意見交換を行い、有意義な時間となりました。


それから早稲田大学に移動し、議員事務所でのインターンシップや選挙活動等を行っている政治サークル主催の勉強会で講演しました。被災地の復興や国家戦略特区等の規制改革、また日本発のイノベーション等についてお話させていただき、その後質疑応答の時間を持ちました。参加者は新入生が中心とのことでしたが、指名しきれないほどたくさん手が挙がり、活気のある会になりました。若い世代は政治に関心が無いとよく言われますが、最近はこのサークルの人数も増えているとのことで、政治に参加する若者が増えている事を嬉しく思います。


その後、内閣府で開催された「地域の成長戦略に関する意見交換会」に参加しました。各都道府県の知事や民間企業の経営者等と地域活性化のための施策について議論しました。私からは、復興政務官として進めている被災自治体の人材不足解消のための取り組みについて改めて支援要請を行いました。それぞれの地域の特性を生かしながら、景気回復の恩恵が全国の隅々まで行き渡るような施策を引き続き考えていきたいと思います。