5/20日曜日の午後、早稲田RiNenにて"Rockn' Food Show"コイワズライ約2年振りのライブでした、ギターの三宅です。

我らがボス、照井勇一郎さんが裏方で一枚噛んだイベントとあり、ナイスなコンセプト(食べ物を持ち合いシェアする)、ミュージシャンが集まりそれはそれは良い時間となりました。


振る舞い料理を相方・宮内がハッスルし、まさかの10種類ものスパイス家庭料理を持参し、ライブでは2バンドで演奏するなど大活躍。(別動のリンゴスターズ、初めて見たけど面白いことをしています。"晶子さん、働くことは好きか?"には度肝を抜かれました。)

彼の家に泊まったのだけれど、宮内の料理を準備する姿を見ていると、サックスに対する温度なんら変わらないハートで、まさに"好きだから、楽しいからやる!"、自分のためにやる物事の強さっていうのはやっぱり格別だと考えさせられました。興味の範疇は他国の家庭料理に。とても美味かったので、また機会があれば是非です。


さてコイワズライ。久しぶりのライブなのに、期待しすぎた子供の様に未曾有の風邪に引っかかり、フラフラで倉敷から上京→参戦となりましたが本当に出来て良かった。

2年という空き時間。生活にがんじがらめになり、気付けば音楽からかけ離れていて、危うく遠い思い出になるところでした。おかげで準備も自分の曲のコードをとるところから。練習は娘が起きるまでの早朝20分。それでも再び練習始めギターを押さえる指頭がタコになっていく様、新鮮。

演奏は、相方がどれだけ研鑽を積んだか感じること出来たし、こちらも音楽やりたかったという渇望を噛み締めた濃厚な忘れられない30分となりました。

そしてステージを降りると
会いたかった人や、まさかまた会えた!?みたいな、再会の場になるのもやはり音楽の場だったんだと痛感。ご来場の皆様ありがとうございました。

僕たちの音楽を聴いて、複数の方から"青春だね" とか"青春時代を思い出した"という話を頂き、みんなの思い出や、みんなの昔のどこかに僕らが居ることを確認出来て嬉しかった。これからも僕たちはここに居ますし、あなたの頭の片隅に居させて下さいという気持ちです。


昔勤めた会社の忘年会でコイワズライ演奏したんですが、その時のおじいちゃんワンマン鬼社長から圧かける風の感想、

"三宅、お前は絶対にプロになれない、だけど続けろ。続けると良いことがきっとあるぞ。"

なんて言われたのフッと思い出して
"良いこと発見!"ってこれねと良い気分。笑

コイワズライ、夏にはまたやりたいです、宿題を終えて東京へ来たいな、また会いましょう。

5/20 早稲田RiNen セットリスト

1.intro
2.The Awkward Age
3.夜
4.Taiwan Boy
5.古い太鼓
6.ほんとうだよ

w/リンゴスターズ
依田彩香+徳重珠美
クボッチモニー楽団(動画のバンドです、マジでカッコイイです)
難民













{2D504EBE-35CA-4023-9817-CC776EF2AE98}

{D1B8E670-0158-410A-B6D5-E9D39851C557}

{1866C596-28C5-447E-BC19-A3E1AE4AA709}

{903BDB0E-090D-47D7-9FF6-C925A202164F}
           コイワズライ(2003撮影、悲しい目)



 東京を離れてしばらくでありますが達者にやってます、三宅です。その節は皆さま色々とありがとうございました。気付けば季節は変わろうとしております。僕の住む岡山は暖かく、そして晴れの日が続いてます。5月の録音の準備をあれこれ進める日々であります。


 さてこの4月。


 上京して久々ライブ。岡山で腰が重くなりかけた昨今、伺います。是非、お時間合えば遊びに来て下さいませ!!ハッスルします。


◇◆◇◆◇◆◇◆


4/4(月) 渋谷喫茶スマイル
19:00オープン/チャージ ¥1,500+1D
共演 揺れる魚/Twenty to three
※コイワズライは21:10の予定であります。