週末は父方、母方のお墓参りに行きました。

ずっと雨のお盆でしたが、昨日だけ驚くほど晴れて良かったです晴れ

うまく言葉にできませんが、やっぱりご先祖様が見守っていてくれるとつくづく感じます。
 

時節がら家族で個室で昼食をとりました。
季節の花かご御前と炊き込みご飯、美味しかったですお弁当

 

つかの間ですが、大事な時間。親から見ても、今の私は変化のときのようです。

他愛ないですがいろいろな話ができて、今の自分を定点観測できた気がしますほっこり


 

 

 

 

 

 

 

 

毎年お盆といえば、イギリスの批評家、ギルバート・ケイス・チェスタートンの名言を思い返します。

「われわれは死者を会議に招かねばならない。

古代のギリシア人は石で投票したというが、死者には墓石で投票して貰わなければならない」

 

(「正統とは何か」1909年)



「死者にも1票を」という有名な一節ですね。

私たちは、日常的に触れ合うことができる存在のみが自分の世界だと思ってしまいがちです。

無意識のうちに、毎日の生活や仕事の中で自分が関わる人たちとの関係ばかりを気にしています。

でも、いざ立ち止まって考えてみると、それはとんでもない傲慢だと気づきます目



今の私たちがあり、毎日平穏な生活を送り、仕事に打ち込めているのは、ご先祖たちの歩みと努力があってのこと。

そして、父母や祖父母、身近な人生の先輩への感謝の気持ちは持っていても、それ以前の偉大な先達たちへの思いは忘れがちです。



チェスタートンは、国の大事を決する投票こそ、死者の意思をも尊重して行わなければならないといっています。

会社の経営方針や、家族の大事を決める際にも、このような精神を大切にしていかなければならないですね。

毎年、お盆にこそ、胸に刻みたい一言ですひらめき電球

 

 

 

 

 

 

 

 

お盆休み、時短で楽しみにしていた地元のワイン会が中止になったので、ひさびさに家飲みワインを嗜みました。

ムルソーシャルム1erCur2011🍾

 

香りは柑橘の皮と青リンゴのフレーバー。上品なバターのような樽感と穏やかだけど綺麗な酸味が美しい。

 

ホタテのカルパッチョとポテトサラダでいただきましたが、残り3分の1くらいが一番バランス良く飲みやすかったです✨

 

 

 

 

 

 

 

お盆休みもあけて、ますます忙しい日々です。
梅雨があけて夏本番と思いきや、また梅雨に戻ったような天候続きあせる

お天気ばかりは仕方がありませんが、最近人一倍夏好きなのでやはりもうちょっとはアツい夏を満喫したいですね。


業務的にも新しいテーマが続々とラッシュ状態ですし、事務所的にも秋に向けて大きく体制が変わることになります。
 

今年の残りの夏、完全燃焼で駆け抜けていきたいと思います走る人