昨日は即位礼正殿の儀でした。

台風の被害が深刻ということでパレードは延期されましたが、式典は予定通りということで、私も業務の傍ら気持ちが高まっていました。

 

この秋は働き方改革と改正派遣法への対応で息をつく間もないですが、今年限りの祝日ということで、日中は事務所、夕方からは家事の傍ら自宅で仕事しました。
 


 


私は特別な日には自宅からの夕陽を愉しみます。

大晦日とか元旦がそう。

日の出は海が美しいですが、夕陽はこちらの方が心落ち着きます。

ということで、即位礼正殿の儀の夕陽がこちら。
 

いつもの夕暮れなのですが、いつにないくらい綺麗で、言葉にならないほど身が引き締まりました。

 

 

 

 

 

 

朝から肌寒い雨でしたが、式典の時刻には雨が上がって美しい秋晴れへ。

東京にはまさにその瞬間、虹の橋が架かったといいます。


やはり人間の力では考えられない何かが働いていると感じます。

 

 

 


新しい令和の時代。

 

ますます皆が心豊かに高め合える世の中になるといいですね。

 

今の時代を生きることに感謝しつつ、私も一日一日を頑張ります。