早いもので9月。
とりあえず、夏が終わりました。
今日はかなり暑かったですし、しばらく残暑が続きそうですが、あと2週間くらいでしょうか?

私は最近夏が好きなので、お盆が終わるとなんかそわそわして名残惜しいのですが、9月になると秋に向けて心落ち着くのも例年どおり。
少しだけ夏の余韻を残しつつ、どんどん秋へと向かっていきたいですね!

 

 

 

 

ということで、先週末は名古屋の近藤社労士とナゴヤドームに行ってきました。
近藤さんには業務面でもいろいろお世話になっていますが、ご当地名古屋ということで、前々からご一緒したいと思っていました。

私もドームには年に1回くらいしか行けないのですが、この日は最近ほとんどないレベルの好試合で、ほんとに感動しました。
スポーツはやっぱり深いし、面白い。


近藤さんと2人でネット裏席に陣取って応援しているだけで、グラウンドからビシビシと伝わってくるものがあります。
そして、言葉にならなくても通じ合うものがあります。

あまり業務ネタはお話しできなかったけど、それ以上に意気投合、ディープな交流ができた数時間でした。
持つべきは同じベクトルの業界の先輩。

それが共有の趣味、ファンなら一番ですよね。








翌日は、朝から楡の木フォーラムの名古屋場所へ。
同い年の偉大な社労士日比野さんが主宰されている全国規模の会ですが、年に1回名古屋開催があります。
私はずっと楽しみにしていたので、ワクワクして参加しました。

楡の木フォーラムというのはかなり特徴のある会で、社労士の集まりですが、法律や業務というよりは、陽明学とか東洋思想とか経営哲学を通じて労務や人材育成などのあり方を問う会なのです。

こんなすごい会はないので、毎回全国から志しの高い先生が集まっています。

 




 

今回は午前が名古屋の社労士の方の体験発表、午後が名古屋で有名な飲食店グループの創業社長の講演でした。
どちらも、本当に素晴らしいお話しでした。

そして、それに対して全国から集まった錚々たるメンバーが、まさに真剣勝負で切り込んでいく。
この熱気にいつも圧倒されつつ、気がついたらその中にいて、いろんな気づきやエネルギーを充満させている自分がいるといった感じです。


特に社労士の発表をされる方は大変勇気もいりますが、それだけにみなさんから受けるエネルギーによって得られるものも人一倍だと思います。
私もいつかこんな会でお話しできることを目標に頑張っていきたいと思います。





終了後の懇親会はまさに講演してくださった社長のお店「大人のやぶや」。
素材にも雰囲気にもこだわっておられて、素晴らしかったです。

名古屋ということで、懐かしい社労士の友人ともたくさん会えて、たくさんお話しできました。
もちろん全国から集まられたみなさんともしっかり交流できました。

いつになく話も盛り上がって、これ以上ないくらい楽しい会でした。
名古屋場所主催の社労士浅野さんにも心から感謝です。



最近思うのですが、16、7年も社労士をやっていると、やはり先輩としてアドバイスを求められることも多いです。
そんなときはもちろん自分なりに最善の意見をさせていただきますが、いい意味での責任も感じますね。

もっともっと成長して、いろんな方々と一緒に業界や地域を盛り上げていきたいですね。
ということで、アツい野球観戦とこれまたアツい勉強会&飲み会で、私の夏は終わりました!

秋の陣も、しっかり頑張りたいと思います!!