経理担当者向けの専門誌として有名な『経理WOMAN』に寄稿しました。


6月号の巻頭特集として、「4月1日から順次施行!!「働き方改革」に中小企業はこう対応しよう!!」が掲載されています。

約30ページに渡って、時間外労働の上限規制や有給休暇付与の義務化などのテーマについて、分かりやすく解説しています。

 

 

 

 

 

 

 

具体的には、以下の内容となっています。


0 まずは「働き方改革」の全体像を押さえておこう
 

 ・「働き方改革」が求められるのはなぜ?

 ・「働き方改革」は有給や残業規制だけではない

 ・外国人材の受入れも「働き方改革」の一環

 ・「働き方改革関連法」の施行時期を押さえておこう


 

1 「働き方改革関連法」の概要はこうなっている


 ・第一のテーマは長時間労働の是正

 ・有給休暇についての改正は待ったなし

 ・「同一労働同一賃金」がルール化される

 ・安全衛生法で「労働時間の把握」が義務化される

 ・フレックスタイム、高プロも理解しておこう


 

2 中小企業に影響の大きい改正項目と今すぐやるべき対策を教えます


 (1) 時間外労働の上限規制

 ・「36協定」の様式が新しくなった

 ・特別条項には「健康確保措置」が必要 

 ・「過半数代表者」の選出手続きに注意

 ・時間外・休日労働の「4つのルール」とは?

 

 (2) 有給休暇の取得義務

 ・有給休暇の対象者をおさらいしよう

 ・確実に有給休暇を取得できる「計画的付与」

 ・基準日を揃える「斉一的付与」も効果的

 

 (3) 「同一労働同一賃金」

 ・「均等」と「均衡」の違いを理解しよう

 ・具体的にはどんな点を比べるのか?

 

 

3 中小企業ではこんな対応をしよう

 

 ①「有給休暇管理簿」を作成・保管する

 ②パートタイマーや契約社員の待遇についての説明義務を果たす

 

 おわりに


 

 

 

http://www.kens-p.co.jp/publics/index/189/

 

 

 

 

あくまで初級編的な改正内容の解説ですが、図表を使って分かりやすく書いているので、実務に直面している方にも参考にしていただけると思います。

興味のある方はぜひご覧くださいニコ