先月末から新刊のゲラチェック ☑ ですが、ようやく終わりました!

出版の経験のある方はご存じだと思いますが、本を書く場合はまず原稿が上がったら、出版社の方で編集していただいて初校ゲラが届き、それをチェックしてお返しすると再校ゲラのチェックに入ることになります。

(出版社や著作物によっては、もちろん3回以上チェックを重ねることもあります)。
 


雑誌などへの寄稿では、スケジュールや記事のボリュームの問題もあり、ゲラチェックは1回のみという例がほとんどですが、1冊の書籍となると数度にわたるチェックを重ねていくのが通常です。

 

 

 


 


 

お正月返上でいっきに執筆したものの、やはり書き直したい箇所が出てくる、その間の最新情報によって修正が必要になる、図版や図表についてレイアウトを考える必要がある、といった具合で、単純な誤字脱字のチェック以外にもけっこう大変な作業ですね・・・


今までも何度か経験していますが、今回はほんとに大変でした(⌒-⌒; )

(写真では、カフェでチーズケーキチーズケーキとアイスコーヒーアイスコーヒーを前に、楽しく優雅な?ひとときのように見えるかもしれませんが、本人は日程的にも精神的にもまったく余裕はなく、いっぱいいっぱいの数日間でした。。)

 

 


「産みの苦しみ」といったら語弊があるかもしれませんが、苦しさや辛さが次への希望や喜びにつながるという意味では、本当にありがたいかぎりのお仕事です。

これで原稿~ゲラの著者としての流れはいちおう終了で、出版社さんでの最終チェック・修正のあと入校となり、いよいよ1冊の本が誕生することになります。

まもなく、タイトルや装丁(カバーデザイン)も確定することになりますが、何度経験してもこの期間のワクワク感というのは変わらないものです音譜

(また、もちろんブログでもご紹介したいと思います。)

 

 

 


来月には出版され、全国の書店に並ぶことになると思いますので、いまから楽しみです📖


引き続き、よろしくお願いしますニコニコ