まだ10月半ばですが、今年の予定もだいぶ埋まってきました。

これから公私ともにせわしい時期になりますから、頑張りどころですね。

一時期の残暑のぶり返しもすっかり収まって、日を追うごとに秋深まる季節に。

夏の終わりのような寂しさはもうないですが、少し前まで日中30度の日もあったのに、2か月後はまさにクリスマス直前。
 

そう思うと気持ちも焦ってきますね。

 



ありがたいことに、秋になってますます業務が増えています。

派遣関係の支援に力を入れているので、9月末の許可のラッシュが終わったらひと息つくかと思ったら、まったくそんなことはないです。

日常業務はもちろんですが、話す仕事も、書く仕事も、秋深まるにつれてまた増えています。

どちらも、うまい下手ではなく、最近自分なりに充実感を感じるようになってきました。

しっかり自分の役割を果たせるよう、日々精進していきます自転車
 

 

 


いろいろな仕事をしていて思うのですが、私はこう見えて?個性が強い人間です。

自分では普通にやっているつもりでも、やはりなぜか他人とは違ったふうになってしまう。

まあ、個性のない人間っていないと思いますが、その度合いはおそらくそれなりに高い方ですね。

子どもの頃からそうかもしれませんが、やはりいろいろと人の前に立つ機会が増えるにしたがって、自然と個性が浮き彫りになることも増えていく。

幸いなことに、今のところは好感を持っていただけることが多いので、自分なりにはホッとしています。

 

 


私の個性。

それはひとことでいうと、変化球型野球ボール

野球のピッチャーに例えたら、あきらかにそうだと思います。

ある人には、“屈折”型だといわれましたが、揶揄されているのではなく、それもけっこう的確に見抜いていただいているのだと思います。

まあ、体格的も、性格的にも、直球でグイグイ押し込んでいくタイプではないですが、自然とやっているだけでけっこうきわどい変化球になっていくというのは、意識していないと意外と自分では分からない部分もあります。
 



個性は個性で、人それぞれあってもいい。

みんなが直球でなくても、ルールを守って、礼儀を尽くして、変化球なら、それはそれでいい。

必ずしも、直球がカッコよくて、変化球がみっともないわけじゃない。

何でもかんでも真っ向勝負が潔くて、タイミングをずらすのがずるいとは思わない。


それは、野球はもちろん、人や仕事との向き合い方だって、そう。

そんなふうに思って、毎日生きています。


 


でも、その上で、最近思うことがあります。

変化球は、直球を磨いてこそ生きる。

当たり前ですが、これはものすごく大事ですね。

ど真ん中の直球でストライクが取れなければ、変化球は単なるくそボールかもしれない。

でも、直球が光るものがあれば、だれにも負けない武器にもなる。

40代半ばになって、肌感覚で強くそう感じますビックリマーク
 



ということで、あらためて直球を磨きたいと思います。

基本の中のキホンであり、あらゆる所作の原点。

どんな仕事にも、必ずありますね。

これが、大げさでなくこれからますます大事になっていくと思います。

変化球タイプだからこそ。


 


でも、ありがたいことに、いただいているお仕事は、この類型のものがものすごく多いのですね。

私は、本当に幸せ者だと思います。

素直に、それらに勤しんでいきます。


そして、もう一歩高いステージへ。

自分の役割をまっとうしていきたいものですニコ