『企業実務』に「どうする?『同一労働同一賃金』への対応」を寄稿しました! | 三重県の社労士&行政書士・小岩広宣のブログ(四日市・鈴鹿市・津市)

三重県の社労士&行政書士・小岩広宣のブログ(四日市・鈴鹿市・津市)

三重県の社会保険労務士法人&行政書士事務所ナデック(四日市・鈴鹿市・津市)代表・小岩広宣の公式ブログ。最新の労務&行政実務に精通した社労士&行政書士・小岩広宣が、地元三重県の中小企業の発展のために日々奮闘している姿を実況中継します!


テーマ:

経理・人事・労務などの実務の専門誌『企業実務』6月号(日本実業出版社)に、
「どうする?『同一労働同一賃金』への対応」 を寄稿しました。

同誌には今までも複数回執筆させていただいていますが、今回は何と巻頭の「特別記事」。表紙にも大きく記事名が書かれていて、少し恐れ多い感じです下矢印


今ちょうど国会で同一労働同一賃金の法律の審議が微妙なところになっていて、もしかしたら今国会で成立するかもといった状況ですが、これを執筆したGWあたりにはまったく先行きがつかめなかったので、内容的には結果的にいいタイミングになったのではとホッとしています汗

 

 

 

 

 

 

 

具体的な記事の内容は、以下の通りです。

1 同一労働同一賃金ではどこまで平等を求められるのか
 (1) 同一労働同一賃金の目的とは
 (2) 対象となる非正規雇用労働者とは
 (3) 同一労働同一賃金の判断基準
  ① 基本給の考え方
  ② 手当の考え方
 

2 これから必要となる労働条件の整備・調整
 (1) 「不合理であってはならない」の意味とは
 (2) 同一労働同一賃金が実施された場合の対応
 

3 同一労働同一賃金の実現に伴う「不利益変更」の留意点

 (1) 中小企業が不利益変更を実施するには
 (2) 不利益変更の具体的なフロー

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の記事では、同一労働同一賃金の流れが法制化された場合の実務対応や、とくに中小企業などで結果として「不利益変更」のテーマが避けがたくなったような場合の参考になる具体的なフローなどについて、8ページほどで簡潔に整理しています。

 

 

興味のある方は、いちどご覧くださいニコ

 

三重県の社労士&行政書士 小岩広宣(四日市・鈴鹿・津)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります