昨日発売された、開業社会保険労務士専門誌『SR』第50号(日本法令)に、「労働者派遣の『2018年問題』への対応」について寄稿しました。同誌には今までも何回か執筆させていただいていますが、おそらく4回目くらいの登場です。

特集記事「押さえておくべき改正事項2018」の中の1つとして、労働契約法と労働者派遣法のテーマが複雑に絡み合い、今年の秋以降に向けた対応が急務とされている、人材派遣の「2018年問題」について、業界を取り巻く現状とこれからに向けた対応策を整理しましたビックリマーク

 




 



具体的な記事の内容は、以下の通りです。

1 派遣法改正と「2018年問題」のポイント
 (1) 2015年派遣法改正と「2018年問題
 (2) 労働契約法の「無期転換ルール」への対応
 (3) 派遣法の「雇用安定措置」への対応
  ① 事業所単位の期間制限
  ② 個人単位の期間制限
 

2 社労士に求められる役割と具体的な業務内容
 (1) 「無期雇用派遣労働者就業規則」の提案と作成
  ① 配置転換のルール
  ② 基本給の決定ルール
  ③ 懲戒と解雇のルール
 (2) 教育訓練計画の作成とOJTの実施
 (3) 派遣先での意見聴取手続きの支援
 

3 派遣会社への提案方法と業務の進め方

 ・「無期雇用派遣労働者」と「有期雇用派遣労働者」の整理

 






 



なお、この号では三重県社労士会の若林会長が巻頭を飾っておられます。同じ雑誌で会長さんの末席でご一緒できるのは、光栄なことだとご縁に感謝しています。また、こうした社労士としての「書く仕事」でも、三重県を盛り上げていきたいですね!





興味のある方は、ぜひご一読くださいませニコ