先日大阪(KKRホテル大阪)で開催された、公益社団法人全国民営職業紹介事業協会の新春講演会・賀詞交歓会で講師を務めさせていただきました。


ありがたいことに最近は講演やセミナーで登壇させていただく機会が増えていますが、公的団体での賀詞交歓会で講師を務めるのは初めてでしたので、いつも以上に緊張感をもって臨ませていただきました。


同協会では各地で職業紹介事業従事者講習の講師も担当していますが、今年に入って職業紹介事業のみなさまとのご縁がますます深くなってきていると思います。

 


 

 

 

 

大阪労働局の需給調整事業部長・吉田清志氏の講演に続いて、「改正職安法の施行と職業紹介事業者への期待」と題して約40分間、お話ししました。

具体的には、「職業紹介事業の現状と展望」「改正職業安定法からの視点」「固定残業代をめぐる実務と最近の傾向」「これからの人材ビジネスの方向性」と4つのトピックに触れさせていただきました。

 

特に改正法に関しては吉田部長さんから詳細に渡るご説明がありましたので、私の方ではそれらの論点について実務家の視点から若干の補足と関連テーマについてお話ししました。

とてもぜいたくなコラボでお話しさせていただいたことは、講師の私にとってもとっても刺激になり、勉強になったと痛感しています。
 

 

 

 

 

 

講演後に会場を移して開催された懇親会では、多くの業界団体および職業紹介事業者の皆様と交流させていただきました。

この日は、大阪でも年に数度の寒波ということで、冬の夜景に冴える大阪城天守閣にも雪がちらつくのをバックに、美味しいお料理で歓談しながら、とても有意義な時間となりました。

 



 

 

 

懇親会では大阪労働局の実務トップの部長さんと課長さんお二人ともご一緒させていただき、とても貴重な情報交換をさせていただきました。

 

また、数々の業界団体のトップの方々とも交流させていただき、最近の業界や実務の動向について意見交換させていただきました。
 

大阪という土地柄もあり、肩ひじ張らずに気さくにさまざまな交流を持たせていただけたと思います。ありがとうございました。