三重県の社労士&行政書士・小岩広宣のブログ(四日市・鈴鹿市・津市)

三重県の社会保険労務士法人&行政書士事務所ナデック(四日市・鈴鹿市・津市)代表・小岩広宣の公式ブログ。最新の労務&行政実務に精通した社労士&行政書士・小岩広宣が、地元三重県の中小企業の発展のために日々奮闘している姿を実況中継します!


テーマ:

今年も中島美嘉のライブに行きました。
満を持したホール全国ツアーの第2日目が、名古屋会場でした。
寒くなりつつあるこの時期の中島のライブは格別ですね。

今回は運よく、なんとアリーナ席の中央3列目のど真ん中!
今までいろんなコンサートに行っていますが、クラシック以外では初めての位置。

愛知芸術劇場「大ホール」は2,500人収容の規模なので、この席はほんとに凄いのです。

最初から最後まで、ずっと正面で、顔の表情まで見えるのはもちろん、息遣いまで伝わってきました。
イントロから一曲目がスタートするときの緊張感。

アンコールが終わってフィナーレのときの達成感。
すべてが心境も含めてびしびし伝わってきました。
 

中島美嘉は昔から好きなのでライブにも何回も行っていますが、今回はほんとに「フルコース」ですね。
まだツアー冒頭なのですべてのセットリストを書くことはしませんが、一曲目はなんと「グラマラススカイ」。

二曲目が「一色」(「NANA」つながりですね!)、三曲目でぜいたくなことに「雪の華」!!
ここまでで、もうひと満足の曲順。
そして、ヒット曲がオンパレードのメドレーが、前半&後半と「2回」もありました。
ファンでなくても、十二分に楽しめるライブですね。

ということで、年齢も考えずにおじさんがこんなお茶目な写真を撮ってもらいました。
グッズ販売の行列の中で私は一人になっていたのですが、優しいファンの人から「せっかくだから、撮ってもらえませんか?」と。
男性からも、別の組の女性からも声をかけられました。こんな一体感のある雰囲気もいいですね。
まあ記念の一枚だから許されますよね(笑

 

アリーナ席の前方中央に陣取ると、同じライブでも見えてくるものが違います。
うまくいえないですが、やや言い過ぎかもしれないですが、一緒にライブをつくっているという、一体感や当事者意識が、濃厚に出てくるのですね。
これは普段セミナーなどで感じているライブ感と、広い意味では似ているかもしれないです。
(私などは2,500人はありえない人数で、最大でも300人ですが。。)

舞台演出や楽曲演奏全体を楽しむなら、もう少し後ろの落ち着いた席もいいと思いますが、この臨場感は今回のような席でしか味わえないぜいたくですね。
ライブに行っている人は知っていると思いますが、中島は昔からMCが苦手なので、会場ではいつもファンとの会話形式になります。
これも今回のような席だとまた格別ですね。
いい意味でも、この人はほんとに会話が苦手だし、それが逆に強みなんだということが、しっかり感じ取ることができます。
 

 

今回のライブでは、ちょっとしたアクシデントがありました。
ブログでいってもいいのか分かりませんが、演奏中にマイクを落としてしまったのです。
当然、「ドン!」という音がホール全体に響き渡ります。
泣くようなバラード演奏中でしたが、私はその瞬間もしっかり見ていました。

しかも、今回のマイクはただものではない。
なんとダイヤモンドがしっかりと埋め込められた特注品。
キラキラと輝いていましたが、まさかダイヤだったとは。
そのいくつかが、ステージに散らばりました。

このときの中島の心境、痛いほどに伝わりました。
3列目って、そのくらい近い距離なのですね。
すぐに拾って、数秒は心が動きます。
でも、たったの数秒。この人は、当たり前ですが本当に強い人です。

つぎのMCで素直にこのことに触れました。
「みんな私のことより、マイクを心配するのだから~(笑」
こう語りつつ、「絶対に挽回してやる!」と心に誓っている表情が、いったん舞台脇にさがるときにあったのを、私は見逃しませんでした。
 

そして、ファンとの一体感がやっぱりすごい。
このあたりに座っている人たちって、お客であってお客でないのです。
それは、中島のいい意味でこびないキャラクターの所以でもあるかもしれません。
プロが何があっても、身体を張って、心を張って、最高のものをつくっていくのは当然。
でも、それはファンと一緒につくっていくのです。
どちらがプロとかアマとか、興業者とかお客様とか、ましてや上とか下とかじゃない。

私もこのライブだけではないですが、いつもアマではなくてプロとして参加しています。
音楽のプロでないことはもちろんですが、一人の人間としては「プロ」として人生を歩んでいるのです。
そう思うからこそ見えるものがあり、とらえることができるものがあると信じています。
その意味では、今回のライブも最高でした。
また、感受性をきたえて、センスを磨いて、自分自身もいい仕事ができると思っています。

明日からも、しっかり頑張りましょう!!


 

 

 



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

三重県の社労士&行政書士 小岩広宣(四日市・鈴鹿・津)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります