義母と娘のブルーズがヤバイ!綾瀬はるかってスパイじゃね? | ロックのドラマで悠々自適生活日記

ロックのドラマで悠々自適生活日記

ドラマを見て気持ちが豊かになる日常を目指して、楽しんだドラマの感想や情報を発信してゆくブログです。毎日更新して、最新のドラマの見どころなどを紹介してゆきます。


テーマ:

7月10日火曜夜10時から放送されたTBSドラマ「義母と娘のブルース

 

」に主人公のキャリアウーマン・岩木亜希子役で出演した綾瀬はるか

 

がちょっとヤバイのです。

 

びっくりしたのはビジネススーツを着て遊園地のアスレチックに、娘に

 

なるみゆきを連れて挑戦するところでした。

 

ふつう、普段着でしょ そこは!とツッコミを入れたくなるくらい違和感

 

がある服装でした。

 

あれじゃ みゆきも仕事じゃないんだからって言ってたけれど構えちゃ

 

うよね。

 

それに何と言っても、最後の腹芸はキモかったですよね。

 

おとなが見ていても恥ずかしくなるくらいだったんだから、みゆきにとっ

 

ては天中殺だったと思いますよ。あれは!

 

 

 

綾瀬はるかってスパイじゃね?

 

前置きが長くなりましたが、筆者はやっぱり綾瀬はるかってスパイじゃ

 

ないかと思ったのです。

 

つまり、日本テレビで去年秋に放送されたドラマ「奥様は取扱注意」の

 

主人公・伊佐山菜美を今でも引きずっているようなところがありました

 

よね。

 

共通点を具体的に云えば、

 

・旦那が人が良さそうなイケメン。

 

・親とか家族の愛に恵まれず成人してしまった。

 

・女子力開発途上。

 

・戦いに強い!(亜希子の場合は戦略家だが)

 

・バイリンガルで中国語を話せる。

 

・リサーチと洞察力が凄い!

 

みゆきを虐めていた黒田大樹(ひろき)の本音を見抜くところで実力を

 

発揮していましたね。

 

それから、2話以降になりますがスパッと前職をやめて生まれ変わろう

 

とするところです。

 

伊佐山菜美はサイボーグのように鍛えられたスパイの職を捨て、亜希

 

子は一流会社の部長職を投げ出してしまいます。

 

一言で云えば、

 

・結婚を機に人生をリセットするところ

 

ですね。

 

 

 

ただし伊佐山菜美と亜希子がすべて同じかというと、そうではなくて違

 

うところももちろんありました。

 

一番の違いは「奥様は取扱注意」の夫・伊佐山勇輝(西島秀俊)は公

 

安職員で菜美をマークするために仕込んだ偽装結婚だったのですが、

 

「義母と娘のブルース」の夫になる宮本良一(竹野内豊)さんはそんな

 

ことはなくて............................................................!!

 

いやもしかしたら.............................あり得るかも知れない。

 

すると最後には、”ばーん!!”が待っているのか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

rockさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス