ペットが亡くなった時のドライアイスを使用した安置方法 | 冷やすことならなんでも!広島の氷屋さん己斐製氷です

冷やすことならなんでも!広島の氷屋さん己斐製氷です

氷のプロから送るワンポイント♪
様々なシーンで氷を楽しむためのうんちく。
氷・ドライアイス・保冷剤・雪イベント・
夏イベント・彫刻氷を扱うプロです!

 

長年付き添ってきた

愛するペットがお亡くなりになられたとき

 

どうしたらいいのかはてなマーク

 

ご遺体の安置方法を

ぬいぐるみを使って

上矢印動画で解説させていただいております目

 

長年付き添ったペットだからこそ

最後まで愛情込めてお手入れをして

 

生前の綺麗な状態のままで

できるだけお見送りしたいですよねニコ

 

動画でわかりやすく紹介はさせてもらって

おりますが、文章でもすこし説明させて

もらいますニコ

 

まず準備するものとして、

 

1準備物

・新聞紙

・タオル

・バスタオル

・ご遺体に合わせたサイズのダンボール

・燃えるものとしてだせるお供え物

・ガーゼ、脱脂綿

 

をご準備ください。

 

2腐敗を抑制する保冷物の準備

・氷

・保冷剤

・ドライアイス

 

いずれかをご準備していただくといいですニコニコ

 

これは、季節や安置する時間によって

決めて貰えればいいと思いますニコ

 

星季節が冬場や、即日もしくは

翌日火葬するご予定の方は

 

保冷剤や氷で安置していただいて

大丈夫でしょう。

 

ただし、火葬する前には

燃やせない保冷剤や氷袋の

ビニールは取り除くことになると思います。

 

その点ドライアイスですと

気化していくものなので

 

その手間ははぶけます。

 

 

3安置方法

・ダンボールに新聞紙、タオルの順に

敷いていきます。

 

・ご遺体を濡れたタオルなどで拭いて

綺麗にしてあげて箱の中にやさしく

ご遺体をいれてあげましょう。

 

・ご遺体のお鼻に脱脂綿を

おしりの肛門あたりにガーゼをあてて

体液が漏れたときでも大丈夫な状態に

してあげましょう。

 

・ご遺体が外気に触れるのも

腐敗の進行を促すので、

 

バスタオルをかけてあげて

外気に触れにくくしてあげます。

 

・ドライアイスや保冷剤などを

腐敗が進みやすい内臓がある場所

お腹・背中・頭付近に置いてあげて

保冷してあげましょう。

 

・最後に、写真やお手紙

 お花や生前遊んでいたおもちゃ

 

などをお供えしてあげましょう。

 

カギドライアイスの目安量

・子犬、猫の場合

1日ごとに3~5kg

 

・中型犬の場合

1日ごとに5~8kg

 

・大型犬の場合

1日ごとに7~10kg

 

というような目安でドライアイスを

ご準備いただければいいと思います。

 

このドライアイスの安置方法ですと

冬場で6日夏場で3日

もつといわれています。

 

注意ドライアイスを使用する場合は

換気を必ず行ってください。

 

ぜひ、ご参考にしていただき

愛を込めて最後のお時間を

 

ペットとすごしてくださいニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶

棺桶のほうも取り扱っておりますので

ご希望があればお気軽にお申し付けください。

 

雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶雪の結晶

己斐製氷株式会社

〒733-0832

広島県広島市西区草津港1丁目7-5

(082)279-5000

https://www.koiseihyou.com