木村拓哉さんのラブラドールレトリバー | 子犬大好きのブログ
2009-10-13 13:53:19

木村拓哉さんのラブラドールレトリバー

テーマ:ラブラドールレトリバー
木村拓哉さんのわんこは『ラブラドールレトリバー』という種類の子です。

木村拓哉さんのラブラドールレトリバーは「ボニータ」ちゃんという名前なんだって。スペイン語・ポルトガル語で「美しい」や「かわいい」などの意味の形容詞の女性単数形の言葉です。木村拓哉さんはボニータちゃんの事が可愛くて可愛くてしょうがないんじゃないでしょうか♪
まっくろな綺麗な毛並みなんじゃないかなぁ。散歩中に会ってみたいですね~о(ж>▽<)y ☆

16世紀頃ヨーロッパの漁船でカナダのラブラドール半島に渡った犬が祖先とされます。レトリーバーとは獲物を回収運搬する犬という意味です。当初は性格が頑固でしたが、1880年ごろから従順で訓練性の高い犬に改良され、運搬犬・警察犬で活躍する様になりました。現在では盲導犬としても活躍しており、家庭犬としても人気です。

【ラブラドールレトリバーの特徴】
◇外見◇
全体にがっしりとした頑健な体格に恵まれた犬種であり、胴は短く幅が広く、筋肉も発達しています。適度な長さの尾はカワウソの尾と呼ばれ、付け根が太く先細で短い毛が密生しています。被毛は短く滑らかで、撥水性に優れています。毛色は黒、チョコレート、イエローの単色です。

◇性格◇
頼りになり、従順で訓練しやすい犬です。忠実で従順な上に気立てがよく友好的で、子供たちとはもちろん、他の犬や他のペットたちとも仲よくできる犬種です。非常に人なつこいので、警備犬や番犬には向きませんが、家庭犬としてはそこが大きな魅力になることでしょう。

【ラブラドールレトリバーの飼い方のポイント】
多くの運動量を要し、毎日1h×2回の散歩又は一緒にジョギングする事が必要です。被毛は、撥水性が強く、水をはじきます。週1回程度、ブラッシングするだけで十分です。 温暖な地域であれば、屋外での飼育もできますが、できれば室内で家族と一緒に過ごさせる方がよいでしょう。

子犬大好き♪さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス