芳香浴とは?例えば認知症にアロマテラピー | 人生はいつもアロマ日和

人生はいつもアロマ日和

良質のアロマで日常に溶け込む
おうちアロマを提案するお店
「恋香房」のブログです


テーマ:
以前のブログからのお引っ越し記事です


以前NHKで
「アロマは認知症にもよい」
というような内容が放送された…事を書きました。
そのやり方として出てきた言葉

「芳香浴(ほうこうよく)」とは?

簡単に言えば「香りを嗅ぐ事です」

アロマテラピーに精通した人なら、
そんな風に簡単に説明するでしょうが、

例えば何かの困った症状を自宅で改善する方法として、
これからアロマテラピーを始めようとする人には、
これでは説明不足な気がします。

なので今日は、もし私の家族に、
認知症予防あるいは、改善のための補助療法として
すすめるなら、どうするだろう?
という例に置き換えて芳香浴のやり方を考えてみました。

//////////////////////////////////////////////
晴れ朝の芳香浴晴れ
芳香浴で期待できる事は脳のリセットです。
ちゃんと、朝、昼、晩のメリハリをつけるスイッチとして
精油を使った芳香浴を始めてはどうでしょうか。

朝は私の場合コーンミントという和ハッカの精油で
デュフューザーとアロマ対応加湿器で
芳香浴をしますが、認知症予防なら、
海馬を元気にしてくれると言われ、
「若返りのハーブ」「記憶のハーブ」と呼ばれる
ローズマリーから始めるのもいいかもしれません。

ミント系が好きなら、個人的にはペパーミント
好きでよく使いますが、アロマビギナーさんにすすめる最初の1本なら、
スペアミントの方が少し甘いので優しいかもしれません。

芳香浴で一番肝心な事は「香りを意識する事」
私がお姑さんにすすめるとするなら

「お義母さん、朝ですよ、ローズマリーの香りを炊きますよ」
と香りを必ず嗅いでもらってから、
ポットに精油を滴下します。

(以下例えばの話なので「お義母さん」で統一します)



時計オンタイムの芳香浴時計
外出やお仕事の間には、出かける前に
オレンジスィートベルガモット
日本人にはなじみの深いユズ
精油などをコットンやハンカチに1滴含ませて、
気分転換に香りを嗅ぎます。
この時も

「よし、スィートオレンジの香りを嗅いだからがんばろう」

などと、意識するといいと思います。



星空夜の芳香浴星空

お仕事や家事が終わって夜の時間には、
例えば私は、食事が終わった後に、
部屋の消臭、殺菌もかねて
ヒノキヒバの香りを炊きますが、

認知症予防という目的があるなら、
まずは精油の代表とも言える
鎮静効果の高いラベンダーや、
ホルモンバランスを整えると言われる
クラリーセージを使いたいですね。

この時もちゃんと

「お義母さん、夜にぐっすり眠れるように、ラベンダーの香りを炊きましょうね」

と香りを嗅いでもらってからアロマポットや加湿器に滴下します。


こうして香りを意識して嗅ぐ事で、
心のスイッチを切り替える
お手伝いが出来るんじゃないかと
思います。

まだ私の周りには認知症の人はいませんが、
無臭病で悩んでいたお客様が芳香浴で
改善された例は知っています。


参考記事「アロマで嗅覚が復活

高齢になって衰えた嗅覚がアロマで復活した。
という記事をお医者さんの本で読んだので、
おすすめしたのです。

たかが香りと思うかもしれませんが、
嗅覚は人の五感の中で一番、
記憶と密接に関係があるのです。
まずは芳香浴でアロマテラピーへの第一歩を始めてみませんか。


ブログ内参考記事
エッセンシャルオイルでお部屋の殺菌

実葉入秋(みはいるしゅー)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント