岩松勇人さんの教えを書く理由 | 岩松勇人の教えを受けた母ちゃんのブログ

岩松勇人の教えを受けた母ちゃんのブログ

岩松さんに学び続ける主婦が2人の男の子を育てながら稼げるようになっていったお話です。
具体的なノウハウはもちろんビジネスの原理原則や考え方などのマインドセット、
取り組む姿勢や、人間の心理など暗黙知の部分も含め学んできました。
ノンフィクションです。

はじめまして。
小池と申します。


2人の男の子を育てる母ちゃんしながら
岩松勇人さんから教えを受け、
物販ビジネスをやっています。


SNSを利用して表に出ることは
いろんなリスクがあると
思っています。


それでも書き綴っていこうと
腹をくくった理由を
ここに書いていければと思います。



過去私は、
お金のことで悩んでいた時期がありました。


不景気の影響で
世帯月収が11万円になり、
0歳の息子を抱え


親子3人これからどうやって
生きていけばいいんだと
暗闇の中、もがいていた時期がありました。


当時の
一番しんどかった時期の私が
一番欲してたのは、


キレイごと抜きに、
「お金」でした。


でも肝心の、
お金の稼ぎ方が
わかりませんでした。


会社員になるとか、
アルバイトをするとか、
そういう話じゃなくて、


子どもをみながら、
子どもを預けないで、
稼ぐ方法を知りたかった。


「稼げますよ~」
っていう情報は、
星の数ほどありました。


でも、
どれが本当に稼げるのか…
不安しかありませんでした。


実際思い切って行動したら、
ネットワークビジネスや投資で
完全にしくじるし。


誰に相談することもできず、
心に傷だけつくって、
ただただ疲れ果てていたんです。


でも、
今は違います。


当時知りたかった、
「稼ぐ方法」を知り、
実践し、


現在進行形で、
稼ぎ続けています。


当時、
喉から手が出るほど欲しかった
「稼ぐ方法」。


自分で言うのもなんですが、
当時の私は、
全部を頑張っていました。


手なんて抜いてなかった。
全部、全部、
一生懸命だったんです。


だからこそ、
なんでこんなに頑張ってるのに、
うまくいかないんだろう。


なんで女の人って、
こんなに役割が多いんだろう。


なんで私ばっかり…。


そんなふうに思っては、
旦那とお金のことで喧嘩をし、
将来を考えては不安になり、


出口の見えない暗闇の中、
やみくもにもがいてました。


当時の私に、
今の私がしてあげられることが
あるなら、


それはやっぱり、
喉から手が出るほど欲しかった
「稼ぐ方法」を示すこと。


これしかないと思いました。


そして、
あなたが、
当時の私と同じような状況なら、


私があなたにできることは、
今、私自身が実践し、
成果の出ている「稼ぐ方法」を
お伝えすること。


これしかないと思いました。


でも、
こういう話をすると、
怪しまれます。


私も情報を探してた時、
怪しんでました。


「裏があるんじゃないの?」
と思われます。


あります。


でも、裏を隠しません。
全部、全部、お話します。


なぜ、
書いていくのか。


私には、
稼ぎ方を教えてくれる
師匠がいます。


10万人以上の読者がいるLINE漫画
「起業で一番やっちゃダメなこと」
の著者であり実業家である


岩松勇人さんです。


岩松さんがある日私に言ったんです。


「小池さん、
 自分が稼げるようになったら、
 それで満足ですか?」


言葉の真意がよくわからなくて、


「満足というか…
 いや、満足といえば満足で…」


ごにょごにょしてる私を見て、
岩松さんが続けました。


「しくじってる人は
 たくさんいますが、

 正直、
 母ちゃんという立場で、
 そんなにしくじってる人は
 いないです。

 小池さんみたいに
 悩んでる人がいるなら、
 伝えてあげてください。

 しくじった話はもちろんですが、
 成果を出してきた内容も、
 伝えてあげてください。」


正直に、
本当に正直に言うと、
最初、躊躇しました。


いえ、躊躇というか…
「え、嫌だな」
って思ってしまったのが本音です。


なぜなら、
しくじり倒した2年は、


今でこそ笑ってお話もできますが、


それでも、
ちょっと人と深い話をするのが
トラウマになるくらいの傷を負っていました。


とくに、
ネットワークビジネスで
否定され続けた過去は、
根深かくて…
恐かったんです。


物販で、
否定されずに、
むしろ「ありがとう」と言われて
稼げるようになって、


その味をしめたら、
そんなお金の稼ぎ方を伝えるなんて、
ネットワークビジネス時代を彷彿させるようなこと、


や り た く な い。


そう思いました。


そんな様子を見て取ったのか、
岩松さんは
そのときは、それ以上のことは、
言いませんでした。


それをいいことに、
私は、
岩松さんからのミッションを、
完全にスルーしたんです。


でもある日、
商品登録をお願いした
スタッフさんがこんなことをもらしました。


「子育てしながら内職で稼ぎたいと思ってます。
 でも、実際はなかなか稼げないし、
 お金の話とかってなんか周りに相談できないし。」


これを聞いたとき、
月収11万円時代の、
本当に一番苦しかった時の自分と重なって、


心臓が苦しくなりました。


稼ぐ方法はある。
母ちゃんにもできる。
今まさに、私がやってる。。。


のど元まで出かかって、
でも、


変な雰囲気になるのが恐くて
言えませんでした。


その後彼女は、
第二子を妊娠、
つわりで働けなくなり、
辞めていかれました。


このとき、
やっと岩松さんの言葉を、
思い出したんです。


なんとも言えない罪悪感と、
「でも、だって、しょうがないじゃん」
という気持ちと…


そんなひっかかりを
抱えたまま、
2年がたちました。


そして今度は、
明確なミッションとして、
岩松さんに言われたんです。


「自分だけで満足するのか、
 悩んでる人たちに、
 ちゃんと伝えて導くのか、
 決めてください。

 ぼくには、
 母ちゃんの気持ちが
 小池さんみたいにわかりません。

 でも、
 小池さんだったら、
 わかるんじゃないんですか?」


こうも言われました。


「誰かに伝えるということは、
 小池さん自身の思考も
 整理しなくてはいけません。

 誰かに伝えることで、
 小池さん自身も、
 ステップアップになるんですよ。」


なぜ、
岩松さんの教えを
書いていくのか。


それは、


私の後悔の念と、
岩松さんのミッションと、
そして、


私自身のステップアップが
あるからです。


そんな裏話があって、


過去の私が、
喉から手が出るほど知りたかった、
この「稼ぐ方法」を


岩松さんからの教え、
私が実践してきたことを
書き綴っていこうと思っています。


たぶん、
私からのメッセージは、


あなたにとって、
星の数ほどある
「稼げますよ~」
という情報の1つだと思います。


それでいいと思います。


ただ1つだけ言えることは、
私自身が、
「稼げますよ~」という情報を試し、


2年間しくじり、
岩松さんに出会い、
物販という手段にたどり着きました。


だから、
あえてしくじったお話も
させていただこうと思っています。


うまくいかない可能性が高い情報を、
私の経験で知っておけば、
やらなくて済みますよね。


また書いていきます。
これから、
よろしくお願いします。