日本のウイスキー誕生を支えた竹鶴政孝と妻リタがモデルとなる

NHK連続テレビ小説 マッサン
鴨居商店 山崎工場で誕生させた 国産初となるウイスキー“鴨居ウイスキー”。

発売するものの、日本人の口に合わず全く売れず営業活動を命じられ

北海道でマッサンこと竹鶴政春が売り込んだ鴨居ウヰスキー。

そのモデルとなっている国産第1号ウイスキーが、

サントリーの前身、壽屋の<白札>。

「シロ」などの愛称を持ち、後の1964年にサントリーホワイトに改称され、

日本人の舌に合うよう改良重ね、発売以来85年愛されている日本のウイスキーの原点

数量限定 サントリーウイスキーホワイト デザイン復刻版<白札> です。


中身はそのままにラベルには、赤玉ポートワインのレリーフとトレードマークを配した

1929年発売当時の復刻デザインです。

ウイスキーの原酒は、大きく分類すれば

大麦の麦芽を発酵させた「モルトウイスキー」と

トウモロコシや小麦などの穀類と麦芽を原料として発酵させた「グレーンウイスキー」。

原材料 モルツ、グレーン アルコール分40%

風味の個性の強い「モルトウイスキー」と穏やかな「グレーンウイスキー」とを

ブレンドされた復刻版<白札>は、まろやかな旨みに、シャープで軽やかな香りある

キレのいい味わいは、改良を重ね日本人に合うようにされていますが、

1929年当時の日本人には、ピート臭が強く、飲みにくいと馴染めなかったウイスキーです。

ドラマでは、政春の妻エリーが“鴨居ウイスキー”で作ったレモネード

スコットランドでは、古くから伝わる、hot toddyホットトディーです。

ウイスキーをベースに、レモンやオレンジなどのビタミンC豊富な柑橘と

ハチミツや砂糖で温めつくった冬の飲み物。

ドラマの“マッサン”の時代には、ポットや電子レンジがなかった時代なので、

鍋に煮立ててつくっていましたが、材料さえあれば

簡単・ホットトディー、風邪の特効薬です。




【材料(1人分)】

熱湯(120ml) ウイスキー(45ml) ハチミツ(大さじ1 /15ml) 

くし形国産レモン(2切れ) シナモンスティック(1~2本)

分量を調整させたり、生姜やナツメグ、グローブなど加えてもいいかと思います。


【作り方】

①耐熱カップにハチミツを入れ、熱湯を注いで溶かしてから

くし形に切った国産レモンを軽く搾り、そのまま入れウイスキー注ぎ

シナモンスティックでかき混ぜれば、出来上がりです。

日本でいう“玉子酒”や“生姜湯”“甘酒”のような風邪に効く飲み物。

ホットトディーには風邪やインフルエンザの予防をはじめとする

鼻水・のどの痛み・発熱からくる筋肉痛などの症状がある時に有効とされています。

ビタミンEとミネラル豊富なナッツと一緒に食べれば、血流もより促進され相性がいいです。

ドラマでは、レモンとハチミツの代わりにマーマレードを使ったり、

心もカラダもほっと~♬ より温活できる

これから一段と寒くなる時期には、おすすめの飲み物です。


▶▶マッサンのウイスキーで住吉銘菓のどら焼

▶▶マッサンのハイボールで、大阪名物 紅生姜の天ぷら

▶▶角ハイボールで、鯵フライ

▶▶角ハイボールで、丸いボールメンチカツ

▶▶角ハイボールでハイカラ

▶▶角ハイボールde秋の味覚

▶▶みんなの!!トリスハイボール

▶▶ウィスキーなカルピス

▶▶(いちご+カルピス)×角瓶÷ソーダ=いちごカルピスハイボール

▶▶圧倒的に濃くておいしい、アサヒのレモネード 特濃

▶▶温泉レモネード

▶▶ホット~なジンジャーレモネード

▶▶ホットビールで温活

▶▶広島レモンでレモンスカッシュ

▶▶コラーゲンたっぷり☆ハニーレモンゼリー

▶▶ジンジャーハニーレモントースト

▶▶大人スイーツ 樫木の樽

$☆Pure Life☆

ご覧いただきまして ありがとうございます。

↓ポチっと応援クリック よろしくお願い致します!
☆Pure Life☆ 食いしん坊ブログランキング参加用リンク一覧 ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

食生活・食育 ブログランキングへ