『愛と死』 | 赤と黒
2018-05-19 14:29:09

『愛と死』

テーマ:

 『愛と死』(武者小路実篤)

―あらすじ―
 小説家の村岡は、友人の野々村の妹・夏子に恋をし、2人は恋人関係になった。そんなある日、村岡は、叔父のいるフランスへと留学することになる。留学から帰国したら結婚しようと誓う2人。そして無事に留学期間が終わり、帰国する船中に電報が届く。

 

 

 約100ページと非常に短いこともありますが、読みやすい文章ですぐに読み終えてしまいました。ラストの悲劇がより印象に残るのは、何といっても生き生きとした夏子の姿あってこそです。歓喜と絶望。長ったらしい作品が多い現代だからこそ、短いゆえにインパクトが強いのかもしれません。

 

 新潮文庫で読みましたが、本の裏表紙のあらすじに結末まで全部書くのは止めていただきたい。

 

愛と死 (新潮文庫) 愛と死 (新潮文庫)
432円
Amazon

 

庚 康一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス