『呉越春秋 湖底の城』 2巻 | 赤と黒
2013-08-03 20:15:12

『呉越春秋 湖底の城』 2巻

テーマ:
 『呉越春秋 湖底の城』(宮城谷昌光) 2巻

―あらすじ―
 春秋時代の中国。奸臣の計略により父と兄が捕らわれた。兄の計らいにより助かった伍子胥は、獄への潜入を試みる。後に楚への復讐者となった伍子胥の、若き姿を描く。


 1巻同様、全く知らない時代の話にも関わらず、ここまでスイスイ読めてしまうのが不思議でなりません。また、後の展開への伏線や重要人物も登場し始めました。と同時に、既に登場していた人物の過去も明らかになっていくなど、早くも3巻が楽しみです。

 果たして文庫化はいつになるのだろう…

呉越春秋 湖底の城 一 (講談社文庫)/講談社

¥610
Amazon.co.jp

庚 康一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス